2007年08月08日

小さなアドベンチャー

先週末は予定通り子供たち中心の週末となりました♪
(その前の週末は家のペイントに時間をとられ、子供たちをほったらかしてしまったので、、)

土曜日、私は朝からせっせとお弁当作り。そしてPedernales Falls State Parkへ。 1時間ほどのドライブです。

車をとめてから川辺までほんの少し歩くのですが、そこで次男は抱っこ抱っことごね、メソメソ、、3歳くらいだとまだアウトドアは大変だなぁ、と思った瞬間。一度機嫌を損ねるとそこからが大変なんだから。。

6歳の長男はもちろん問題なし。岩場を登ったり、足に水をつけて遊んだり。この日は飛び石(?)(薄い石を水辺と水平に投げるとピョンピョンと飛んでいきますよね?)を教えてあげたら喜んで何度もトライしていました。

もうひとつここに来た目的は石を拾うこと。雑誌に石に虫の絵をペイントするクラフトがのっていて、それを見た長男がぜひやりたいというので。。いくつか拾って帰ってきました。

時間がかかったけれどしばらくすると次男も機嫌を直し、長男と一緒に水遊び。それなりに楽しんだようです。

この後パーク内のピクニックエリアでお弁当を食べ、次の目的地Longhorn Cavernへ。この場所については全然知らなかったのだけど、ステートパークサーチのサイトで見つけて行ってみることにしたのです。

ここがなかなか興味深い場所で想像以上によかったです!

ツアー料金を払い、参加しないと入れないシステムになっているので、チケットを買ってツアーが始まるのをしばし待ちます。時間になるとガイドがやってきて総勢40名ほどで洞窟の中へ。

この洞窟、かなり奥まで続いていて、ツアーでは延々と中を歩いていきます。途中鍾乳洞ぽい岩があったり、水晶だらけの場所があったり、腰を低くしないと通れない場所があったり、、、探検気分で楽しい!男の子には特にお奨めだと思います。

ツアーで入れる最終地点から先も、何マイルも洞窟が続いているそうです。でもそこから先は池になっていて、しかも池の表面ぎりぎりに岩があるような状態なので、まだ誰も探検したことがないそうで、、何万年も前からあり、人が入ったことのない場所、、、そんな場所には古代の動物なんかが住んでいるのではないかな???そう考えるだけでなんだか神秘的だなぁ~と感動しました。
探検するにはスキューバダイバーが入るしかないようです。でも真っ暗だし本当にどんな動物がいるかわからないし、、怖いですよね~。まだ誰も入っていったことがないというのもうなずけます。

テキサスは今年異常に雨が多かったのですが、この洞窟も一ヶ月ほど前に洪水になり、誰も入れない状態がしばらく続いたのだそうです。ちょうど一週間前くらいにようやくツアーが再開されたということ。
そのため地面には泥が残っていて滑りやすくちょっと危険なようでした。

このツアーは、結局1時間半ほどかかりました。子供たちがちゃんと歩けるか不安だったのだけど、次男もぐずることなく最後まで歩ききりました~♪多分彼なりに楽しんだからだと思います。退屈すると絶対に「抱っこ~!」、が始まりますから。

たった1時間ちょっとしかはなれていないエリアに行っただけなのに、ちょっとした小旅行気分が味わえてとっても楽しかった!子供たちの感性を刺激してあげられたのじゃないかなぁと思うし、充実した一日でした。

ステートパークに入るにはたいてい入場料がかかるのだけど、年間パスがあるというので今回それを買いました。(年間60ドル。このパスを持っていれば(車一台に乗っていけば)15人まで一緒に入れるそう)
これからまたいろいろとリサーチしていろいろなステートパークを回ってみたいな。次男さえ大丈夫だったらキャンプにも行きたいのだけどな~。今年はもう少し涼しくなったらぜひ一度キャンプに挑戦してみたい!朝起きてすぐは冷や~っとした空気が味わえるくらいの季節がいいですよね~。今のテキサスはきっと「むぅ~っ」という感じでしょうから。。(苦笑)

長男は帰ってきてから「それで、、明日はどこに行くの?!」と張り切っていたくらいなので、、楽しんでくれたんだなあ、とうれしくなりました♪

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 09:03 | コメント (7)

2007年07月09日

Sonomaワイナリー巡り・その2

この日はLAに戻る日、、、でもあと少しワイナリーを回ってから、、、とまずはまるでホーンテッドハウスのような概観のLedsonワイナリーへ。ここにはデリがあってピクニックエリアもあるということで、昨日のような楽しいときが過ごせることを期待して、、

ここでもやっぱり子供たちがうるさいので私だけがティスティングルームへ。夫と子供たちは庭で虫探し。(笑)ここは、、、ワインが最高においしかったです。ティスティングしたもの全部。。今回回った中で一番おいしいと思ったワイナリーでした。でもここのワインは一般のお店やレストランではなかなか買えないようで、欲しい場合にはワイナリーから直接オーダーするしかないようです。わたしも今度インターネットでオーダーしてみたいと思います。

さて、ここにもとーっても素敵なピクニックエリアがありました。ワイナリー内にあるデリでチーズとパン、少量のお肉、それから冷えたワインを買ってピクニックエリアでのんびりと食べ幸せ気分。。人も少なく貸しきり状態で本当にゆったりとした気分になれました。このワイナリーはワインもおいしいしデリもあるしピクニックエリアも素敵だし、、、とってもお奨めです。

-----------------------

次に立ち寄ったのはトラクター(実際にはトラクターでひっぱるトラムですが、、)でワイナリーツアーが出来るというBenziger Family Winery。ホテルに置かれてあった本に載っていたのを見つけたのですが、子供が喜びそうだなぁ、と思ったしロケーションもよさそうだったので。ここもとっても素敵な場所でした。少し離れた場所にあり、山の中の一軒屋ワイナリー、、という感じ。トラクターツアーは一人10ドル(ワインの試飲込み)。ブドウ畑の中をトラクターで周り、ところどころで車を降りてワインについていろいろと説明してくれます。

ここは昔ながらのぶどう作りを行っているそうでとても興味深かったです。ツアーの最後は洞窟のワインセラーへ。


外はかなり暑い日だったのだけれど(たぶん95度くらいあったと思う)、洞窟の中はひんやりと涼しくて気持ちいい~。温度、湿度ともにワインの貯蔵に最適なのだそうです。
最後にワインを2種類試飲させてくれてツアーは終了。

長男のシンがやっぱり学者肌だなぁ、、と思うのは、おじさんがワインの造り方などについて説明するときに、じーっと聞き入っているのです。この子は将来研究者とかそういうのになりそうな気がする、、、本人も将来はサイエンティストになりたいなどと言っているし。ま、、子供のことだから将来どう変わっていくかまったくわからないのでしょうけれどね。楽しみです。(笑)

-----------------------

最後は、、Viansa Winery and Italian Market Place。ここはとっても景色のいい高台にあり、ロケーションは最高なのだけど、、、ツアー客の立ち寄る場所のようで、超大型ツアーバスが何台もとまっているのです。なのでワイナリーーのなかは押し合いへしあいの人!人!人!という感じ。ロケーションがいくらよくてもこれではのんびり出来ません。。。ランチをここで食べる気でいたのでとりあえずいくつかデリで食べ物を買ってベンチに座りましたが、ゆっくりワインを飲むような気分ではとてもなく早々に退散しました。個人的にはお奨めしません。行くなら朝一番とか、人が少ないときならいいかもしれませんね。

-----------------------

ワインカントリーを後にしたのはもう3時ごろでした。ここから7時間半ほどかけてLAへ。ついたのは10時半過ぎでした。

帰りは行きと違って内陸の道を通るので退屈だよ、、なんて夫は言ってたけれど、、、私は景色を見ているだけで全然あきませんでした。見渡す限りの果樹園。。。それから山。夕日はこんなに綺麗だったし。

初めての子供たちをつれての長距離ドライブ旅行、、どうなることかと思ったけれど意外に大丈夫でした。義父に借りたミニバンにはDVDプレーヤーがついていたので、子供たちはビデオを見て楽しそうにしてくれたのが助かった~。子供たちのお気に入りのスポンジボブムービー、、、何度かけたことか。(笑)

ワイナリーツアー、、、とっても楽しかったのでまたぜひぜひ行きたい!もう少し子供たちが大きくなって分別が聞くようになったら、義理両親かまたは義理兄夫婦のところに子供を残して、夫婦二人で行かせてもらいたいなぁ、なんてひっそりたくらんでいます。(笑)それまでにもうちょっとワインについて勉強しておきたいな。

北カリフォルニア旅行記はこれで終わりです!お付き合いありがとうございました♪

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 13:51 | コメント (2)

Sonomaワイナリー巡り・その1

この日はソノマ近辺のワイナリーを巡ってみることに♪ 夫も私も意見一致でソノマがたいへん気に入りました。ナパに比べると山に木が多くて景色が綺麗だし、道も狭いので両側のワイン畑が近くによく見えるし、、とにかくのんびりしていてとってもいい感じです。

今回参考にさせていただいたのはご主人がサンフランシスコクロニカルのライターだというGOMAさんの
この日記です。未知の土地で右も左もわからない状態の私にはとっても参考になりありがたかったです。というわけで私の日記も少しでもこれからワインカントリーを訪れる人のためになればいいなぁと思います♪

この日はまずこのGOMAさんの日記でお奨めだったスカイホークマーケットでワインにあう食料を買い込むことに。

デリなのかな、、と思っていたらグルメマーケットでした。お店の人がとっても親切で、チーズ売り場の前をさまよっていたらワインにあうおすすめのチーズを教えてくれました。ワインテイスティングにはあまりきつすぎないものがいい、ということでパッケージがかわいいローカルで作られているダブルクリームチーズを購入。、そしてデリコーナーで海老のマリネ、クラブケーキ、それからプチトマトとモッツァレラチーズをペストであえたものなどをちょこちょことピックアップ。
カフェコーナーもあったので私たちはコーヒーを買い、子供たちの朝ご飯にドーナッツを買い与えて出発です(とってもおいしいコーヒーでした!)。

これらの食べ物を持ってまずは比較的近かったChateau St.Jeanワイナリーへ。

子供たちはキャーキャーと朝からハイテンション、、、テイスティングルームにつれてはいるのは気が引けたので、子供たちと夫を庭に残し私だけ試飲を(テイスティング料は5ドルでした)。。(笑)ここのワイン、、おいしい!

担当してくれたおじさんの子供がアーティストでオースティンに住んでいる、、ということで話も弾み上機嫌。庭でピクニックしてもいいですか?と聞くと、もちろんOKとのこと。ここで買ったものしか食べたらだめなのか、、と聞くと持込もOK、しかもワインを買わなくてはならないなどのルールもないようで。。ここにはデリがあってチーズなども売られているのに、持込がOKなんて太っ腹~。ありがたいですね。

冷えた白ワインを一本買って、持ち出しようのプラスティックのワイングラスを二つもらい、裏のパティオでピクニック。

あ~、最高~。本当に至福のときでした。ちょっと大げさかも知れないけれど、生きててよかったーって思えるぐらいに。(笑)外なので子供たちのこともあまり気にしなくてよかったし、子供たちは噴水の脇で遊んだり、虫を捕まえたりして遊んで楽しそうだったし。この日はもう月曜日だったので人もそれほど多くなくてさらにのんびり気分。やっぱり平日がいいですね。。
山を眺められる素敵な庭園でおいしいランチを食べながらゆっくりとワインを飲む、、なんて幸せなんだろう~。デリで買ったものもすべておいしくて、旅行に出てからこれが一番おいしい食事だね、、とまたまた夫と意見が一致。(笑)お金をかければ楽しめるというものじゃないですね~(ワイントレインにはかなり高いお金を払ったのにうーん、、という感じでしたからね。。)。

ワインもおいしかったし、ワイナリーも気に入ったし、、それにあまりにも幸せ気分になったので、ここのワイナリーのメンバーシップに申し込むことに。メンバーになると3ヶ月ごとにワインが3本送られてくるそうです。ワインや売られているギフト類すべての値段が20%オフになり、今後のティスティングも無料になるということ。メンバーシップフィーはかかりません。送られてくるワインも一般のお店ではなかなか買えないワイン、、ということで今後の楽しみが増えました。旅の余韻がいつまでも楽しめそうでなんだかうれしい♪

このメンバーシップの制度は私が回ったどのワイナリーにもあったようでした。どこも申し込みは無料、定期的にワインが送られてくる制度だというのも一緒。でもワイナリーによって送られてくる頻度やワインの本数はさまざまでした。お気に入りのワイナリーが見つかったらメンバーシップに申し込むのはいい考えだと思います。

-----------------------------

この後は名前に惹かれたし、ちょうど次の目的地との間にあったValley of the Moonワイナリーへ。

ここの試飲は無料でした。ひとつだけ試飲したのだけれど、他のお客さんの対応に忙しいようでなかなか次のワインをついでもらえなかったので、なんとなく気分が萎えてそのまま出てきてしまいました。試飲したものも特に私好みの味ではなかったし、ワインも高めの値段だったこともあったし。。ここはワイナリーの立地も特別なものではなかったです。

-----------------------------

次に行ったのはMatanzas Creekワイナリー。ここがまた本当に素敵な場所でした。丘に広がるラベンダー畑。。車を降りるとラベンダーのいい香りで最高の気分です。

あ~、幸せ。眺めもとってもよく、素敵なワイナリーです。

試飲させてくれた人は年配の男性で、ワインについてとてもよく知っているようだったのもうれしかった(他の場所では学生アルバイトに見えるような人もいたので、、)。彼は私たちにワインを飲ませる前に自分で試飲して味を確認したり、「このワインは実は出来がいまいちだったのでお奨めしない」など詳しく、そして正直にワインについていろいろと説明してくれました。

ここにも木陰のとってもよいピクニックエリアがありました♪ ただし飲み物の持ち込みはだめ。ここで買ったワイン以外は飲めないようです。ラベンダー畑を見下ろしながらのピクニックもよかっただろうなぁ~。ここもとってもお奨めです。

このMatanzas Creekには日本の天皇陛下夫婦が来たという写真も飾ってありました。ここで特別なディナーを食べられたそうです。いいなぁ。(笑)

-----------------------------

私はワインについて詳しいわけでもなんでもないし、飲んでみていいワインか悪いワインかなんてよくわかりません。ただ自分が「おいしい」と思うワインかどうか、、、それくらい。。でも今回何件ものワイナリーを回り、いろいろなワインの説明を聞きながら少しずつ試飲させてもらってすごーく勉強になったし、少しだけワインに詳しくなった気がしています。よくワインの説明に、「このワインはピーチの香りとクローブの香りがする」やらと、いろーんな説明が書かれていたりしますよね。ワイナリーでもそうやって説明して飲ませてくれるのだけど、その説明を聞いて試飲してみると、まさにそういう香りがしたり味がしたり、、って本当にあるんですね!!それを発見できて楽しかったです。同じワインを飲み続けていると麻痺しちゃうのだけど、最初にワインをグラスについでもらい傾けて香りをかいだ瞬間って、、ほんとにいろいろな違う香りがするんですね~。不思議。ワインは奥が深い!

とにかくこの日は本当に幸せ気分。。サンタローザにホテルをとってしまったのもNAPAから距離があるので失敗だったかなと思ったけれど結果的にはソノマを回ることができてよかったです。地図で見ると土地勘がよくわからなかったのだけど、ソノマバレーまでもすぐ近くでとっても便利でした。

でも、、、小さい子供をつれての試飲はやっぱり、、きついです。やっぱり無理かな、、って思いました。子供が一人で大人しめの子だったりしたら大丈夫なんだろうけれど、、二人いるとはしゃぐしうるさいし、追い出されるか嫌な顔をされるか、、覚悟したほうがいいです。結局私たちは順番交代するか、夫が子供を見ている間私だけが中に入り試飲する、、ということになってしまいました。夫が嫌な顔をせずに子供を見てくれたので私はゆっくり試飲が出来て助かったのだけど、、、やっぱり一人でというのはちょっとさびしい!なので友人ファミリーと一緒に来るとかそういうことが出来たらいいなぁ、なんて思いました。そうしたら夫組みに子供を見てもらっている間にワイフ組みはのんびりと試飲が出来る、、、(笑)

ワイナリーツアーの日記。。。まだ続きます。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 13:21 | コメント (0)

2007年07月06日

Napaワイントレイン

ワインカントリーの初日の夜はワイントレインでのディナーを予約していました。。ウェブサイトには「なるべくジャケット着用を」と書いてあったので、夫もシャツとパンツくらいは用意しているんだろうと思っていた私。。その日はジーンズだったので、「いつどこで着替えるつもり??」と聞くと、「へ??この格好でいくつもりだけど、、?」と。

え~っ!!!?正装って書いてあったのにジーンズ?!入れてもらえなかったらどうするの?!

少し早めについて辺りを見回してみると、、やっぱりみんなきちっとした格好をしている、、、でも結局係りの人に聞いてみると、「大丈夫。。短パンの人もいますから」と。あ~、ホッとした。。。乗ってみるとカジュアルな格好の人も多かったので、、、よかった。。。

この夜はファミリーナイトプログラムということで、子供たちは無料で食事を出してもらえて、しかも別車両で終始預かってくれることになっていました。なので子供たちは別の車両にドロップオフし、私たちは隣のダイニング車両へ。

列車はワイン畑沿いをゆっくりと走っていきます。

乗車時間は3時間半ほど、、とかなり長いのに、乗ったと思ったらアペタイザー、サラダ、メイン、、と急ぐようにして食事が出てきます。何でこんなに急ぐんだろう、、と思ったら、実は最初にディナーを食べるのは乗客の半分。残りの半分の人たちはその間ラウンジカーでアペタイザーを食べながらワインを飲んだりしているのだということでした。私たちは食事が終わったらラウンジカーへと移動し、そこでデザートとコーヒーを。そして後半の人はその間にディナーをという流だそうで。。。
後半の人が食べられるのは8時前になります。それまでにアペタイザーを食べたりワインを飲んだりしていたらおなかがかなりいっぱいになってしまうだろうと思う。。。それを考えると前半でよかった。。
ディナーは、、、けして悪くはなくてそこそこおいしかったのだけど、、でも100ドルも払うほどの食事ではもちろんないですのでその点はあらかじめ了承していたほうがいいと思います。(苦笑)


左:たいして特別でなかったアペタイザー
右:私が頼んだ魚のメインディッシュ

さて、別車両の子供たちですが、、、食事が終わった時点でちらっと様子を見に行くと、みんなビデオを見ているだけで、特に何にもしていないようで。。長男はつまらなそうな顔をしてテレビをじっと見ているし次男もおとなしーくいすに座っています。なんだか申し訳ない気分になってしまいました。

子供を預かってくれるということだから、何か特別なアクティビティでもあって子供たちを楽しませてくれるのだろう、、、と思っていたら、、食事を出してビデオを見せるだけだったようです。まぁ無料なのでそれだけでもありがたすぎるのだけど、、安全のために、乗車中はトイレ以外はずっと座っていなくてはいけないのです。3歳のアクティブな子供にはちょっとかわいそうかもしれません。たとえばトランプなどのゲームをして楽しめるような年齢の子供たちなら、兄弟または友達同士で乗せる分には楽しめるだろうなぁ、と思います。

子供たちが楽しんでいるという前提でなら私も夫とゆっくり楽しめるのだけど、つまらなそうにしている、、と思うと気になってしまって。。結局最後の1時間は子供たちの車両に私も一緒に座り、時間をすごしました。つい子供たちに会いたくなっちゃうんですよね。3時間って、、その場にいるだけだと結構長いです。
(この列車でもたくさん日本人を見かけました~。日本人の間でも人気なんですね。)

さて、食後に移動するラウンジカーはこんな感じ♪

デザートはチョコレートチーズケーキとクレームブリュレでした。これも普通ですね。(笑)

ワイントレインの感想は、、、もちろん楽しかったのだけれど、乗車料がかなり高いし、ワイントレインなんていう名前がついているのにワインなどの飲み物はさらに別料金。。食べ物もまぁおいしいけれど特別というわけではなし。のんびりというよりは結構急いで食べさせられるし、、これだったらベイビーシッターを雇って子供を預け、もっとおいしいレストランに行ったほうがよかったかな、と思います。というわけで多分もう乗ることはないでしょう。(笑)経験としては、、、とりあえず乗ってみることが出来てよかったかな、とは思いますが、一度で十分かも。

汽車を降りたらもう9時半すぎ、、ナパからサンタローザに移動し、ホテルにチェックインしたのはもう11時半でした。予約してあったのはヒルトンワインカントリー。前もって予約したのですが、前金で支払い返金はなし、というプランがとっても安くて、一泊100ドル以下で取れたのです。このランクのホテルにしては格安だったと思います♪ 駐車場は無料。インターネットへのアクセスは一日10ドルほどがかかります。私たちはもったいないので我慢。。(笑)

子供たちはもう眠ってしまっていたのでそのままベッドへ、、私も疲れてすぐに眠りにつきました。

次はソノマ地方でのワイナリー巡りです♪

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 09:56 | コメント (5)

Napaワイナリー巡り

いよいよ憧れのワインカントリーに到着。わくわくします♪

地図で見るだけではよくわからなかったのだけれど、、サンフランシスコからワインカントリーって本当に近いのですね~。約1時間半ほどでナパエリアに到着しました。

まずは前日会った友人がメンバーだということで、無料のティスティングチケットをもらったSterling Vinyardへ(Napaをもう少し北に上がったカリストガという町にあります)゙。このワイナリーは山の上にあり、そこまではケーブルカーであがるようになっているんです。子供も喜ぶし景色もすばらしい~。


(眺めが最高です)


(ワイナリーの建物)

ここでは、上に上ってワイナリーの建物に入るとまず一つ目の試飲、その後ワイナリーの中を見て回る途中でまた別のティスティングスポットがあるのでそこで次のワインを飲み、最後はテーブルに案内されてそこで残りの3つを試飲。子供にはジュースと塗り絵セットもくれます。
ここでは日本人をたくさん見かけました。

さて、またケーブルカーで下へ降りようとしたら長男が鼻血を出すアクシデントが、、、あわててまた建物にかけこみティッシュをもらおうとするとタオルを貸してくれて、その後そのワイナリーの人が出てきてくれていろいろと心配してくれました。休みたかったら中で休んでいいですよ、車で下へ降りることもできるけれどそうしますか??とか。
たかが鼻血でよくあることなのにこんなに心配してもらってなんだか申し訳なかったです。そうこうしているうちにケーブルカーのところには長い列ができていたので、結局私たちは割り込みをさせてもらい先に乗せてもらいました。。(苦笑)とっても親切でした。
(ちなみにここでの試飲料金は20ドル。ワインを飲まない子供も入場料が10ドルかかります。(3歳までは無料)ワインを買えばその分差し引きしてくれます。)

-------------------------

次は有名なコッポラ監督が所有しているNiebaum Coppola Estateへ(名前がRubicon Estateに変わったようです)。本当は私はあまり有名で観光化されている場所よりもファミリー経営のワイナリーなどこじんまりとしたところにに興味がありました。でも、、コッポラのワイン、私は好きでよく飲んでいるので、そのワインがどんなところで造られているのかなぁとぜひ見てみたかったのです。それに有名なところもいくつかは回ってみたい気もありました。ここはツアーと試飲の料金が25ドルとかなり高め(3日間有効だそうです)。。試飲させてくれるワインには1本100ドル以上の高級なものもあったのでそれを考えるとそれほど悪くないかもしれませんが、、一般のお店には出回らない特別なワインなどを試飲できます。



(ワイナリーの建物)

5種類のワインが飲めるのですが試飲中にやっぱりうるさい子供たち、、、担当の人が、「よかったら外に持ち出して飲んでもらっていいですよ」と言ってくれたのですごすごと庭へ。実質追い出された感じですね。(苦笑)でもそういってもらって助かりました。試飲のグラスは本当は外に持ち出せないワイナリーが多いようなので、、きっとここもうるさい子供にいてもらうよりは、、と特別許してくれたのだろうと思います。(苦笑)

ツアーは30分くらいかかるということだったのだけど、子供たちがその間おとなしくしてくれるとは思えず、ほかの人に迷惑がかかりそうだったので断念しました。仕方がない。。



(建物に入ってすぐに目に入るのがこのステンドグラス)

25ドル払って入る価値があるかどうかは、、うーん、、わかりません。(苦笑)他にもっと安くで試飲させてくれる素敵なワイナリーがたくさんあるので、、コッポラ監督の映画に特に興味があるとかそういう理由がなければパスしたほうが無難かもしれませんね。。試飲したワインも特に私の好みではなかったし、もう一度行きたいかと聞かれたら返事ははっきりと「ノー」かな。。。

この日は日曜日だったこともあり、どこもすごい人出でした。スターリングのケーブルカーには人が列を作っていたし、コッポラも入場料が25ドルもかかるのにティスティングルームは多くの人でにぎわっていました。

この日は大き目の観光地化されたワイナリーを2件回ったことになります。それはそれでとっても楽しかったのだけど、やっぱりもう少しこじんまりとした家庭的なワイナリーも回ってみたいなぁって思いました。

旅行記はまだまだ続きます。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 09:39 | コメント (0)

2007年07月05日

サンフランシスコ・その2

飲茶を堪能したあとはとりあえずピア39へ。夏休み+週末とあってすごい人、人、人、、、もう押し合いへし合いのものすごい状態です。しかも風が強くて寒い寒い~!!SFの気候は昔の経験からもある程度わかっていたはずだけれど、やっぱり寒さが身にしみました。。というわけであまり長居ができる状態ではなく、少し見て回ったのみで退散。


(さむかった~!!)

本当はこの友人がツインピークスに観光に連れて行ってくれるはずでした。我が家はミニバンで来ていたので友人ファミリー3人をなんとか乗せることができます。なら一台で行ったほうがいいよね、、でもこのままピア近くの駐車場に車を止めて置くと料金がものすごく高くなってしまう、、、ということで、とりあえず私たちがチェックインを済ませ、そこの駐車場に一台をとめてから観光しよう、ということに。

いい考えだと思ったのだけど、、ホテルについてみたらなんと駐車場は満員。。え~?!まさかまさか、、、、、車はじゃあどうしたらいいの~??
フロントで聞いてみると、すぐ近くのジャパンタウンの駐車場に止めてくれということ、、、とりあえず私たちの車はそこに止めることになりましたが、今度困ったのが友人たちの車をとめる場所です。結局数ブロックはなれたところにコインパーキングを見つけてとめてくれたのだけど、コインは2時間までしか入れられないしなんだか落ち着かない、、しかもそうこうしているうちに時間も遅くなってきて、、、

子供たちがいるので時間もあまり融通は利きません(おなかが減ったら機嫌が悪くなるとか寝る時間があまり遅くなると困るとか、、いろいろあるんですよね~)。なのでもう観光はあきらめて、ホテルのすぐ目の前にあるジャパンタウンの中のレストランでディナーでも食べよう、、ということに。

日本の洋食レストランぽいお店があったのでトライ。。思ったよりはおいしかったよね?というのがみんなの一致した意見でした。(笑)そしてその後は同じビルの中にあったケーキ屋さん(アンデルセン)でケーキとコーヒーを買い、さらに少し一緒に時間を。。

友人カップルには次男と同じ学年になる女の子がいるのですが、この二人が意気投合して遊ぶ遊ぶ。。もうそこらじゅうを駆け回って大変な状態でした。(苦笑)親は疲れたけれど子供たちは楽しかったみたいなので、、よしとしたいと思います。(笑)

名残惜しかったけれど友人と別れ、、、ホテルへと戻りました。
わざわざサンノゼから出てきてくれて混雑した街の中をいろいろと案内してくれた友人には心から感謝です。ほんとにありがとう~!!

----------------------------

この日泊まったホテル、、ぜひぜひ紹介したい!と思う変わったところでした。Best Westernが経営しているTOMOというホテル。最近ジャパンタウンの目の前という立地を意識して改装したようで、、

室内には壁一面にアニメ風の絵が。

ちょっと(というかかなり)おタクっぽいでしょう~?(笑)でも、、このホテルにはいろいろとよさがあって、、、

ここにはアイポッドステーションがあり、自分のアイポッドで音楽が聴けます。そしてインターネットアクセスはもちろん無料。ワイヤレスでなくて直接ハイスピードコネクションにつなげるので超快適です。また、大きなビーンクッションがおいてあったり、窓際にはウインドーシートがあり、カーテンを閉めると個室のようになるようにできていて、、、子供たちはおおはしゃぎでした。子供たちが喜ぶと私もうれしい、、というわけで、、このホテルは2重丸!またSFに来ることがあればぜひ泊まりたいと思える場所でした♪


(窓際のウインドーシート、、見えるかな?)

----------------------------

翌日の朝はまたまたこのジャパンタウンの建物に舞い戻り、、あいていたハワイアンスタイルの食べ物を出すお店、May's Coffee Shopで朝食をとることに。

私と夫はサイミンを頼んだのだけどおいしかった~♪


(ワンタン入りサイミン)

子供にはホッとドックを頼んだのに、サイミンが気に入ってそればかり食べたので必要なくもったいなかった。。

オープンエリアになっているので、子連れでの食事にはもってこいの場所でした。あとでおなかがすいたときのために、、とホットドックむすび(スパムの代わりにソーセージが乗っていた)を買っていよいよ旅のクライマックス、一番の目的地であるワインカントリーへと出発です~。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 16:38 | コメント (4)

サンフランシスコ・その1

無事LAに戻ってまいりました♪
昨日は午後3時ごろにソノマエリアを出発。約7時間ほどかけて一気にLAまで、、子供たちをつれての初めての長距離ドライブ、、どうなることかと思ったけれど意外に何とかなるものですね。

さて、、忘れてしまわないうちに(または面倒になってしまわないうちに!)旅行記の続きを、、

----------------------------

モントレーで一泊した次の朝、、
ホテルを出たところにあるイタリアンカフェでコーヒーとペストリーを買い、さっそくSFに向けてドライブです。

私は、、、この日も海辺の道を通ってSFまで行くものだと思い込んでいたら、、夫は内陸の101号線を使うといいます。12時にサンフランシスコの飲茶のお店で友人と待ち

合わせの予定だったのですが、時間がないから、、と。

え~?!ここまで海沿いで来て、17マイルドライブを走らないの!?と大不満の私。時間がないからって、、ちゃんと間に合うように計画してよぉ~!夫は私が海沿いを走るものだと思い込んで期待してことを知らないわけなので意思の疎通ミス、、なんですけどね、、、納得いかん!(苦笑)

でも時間がないものはもう仕方がありません。。というわけで101を北へ向かいます。

途中、にんにくで有名だという町、Gilroyというところを通りました。国道沿いにこんなお店を発見。一度通り過ぎたのだけど、どうしても寄ってみたくてUターン。(笑)こういうローカルものに興味深々な私です。夫は「ただのガーリックでしょ??」といいますが、、、どうしても気になるのよ!

お店に葉いろいろな種類のガーリックのほかにたまねぎ、ドライフルーツやいろいろな種類のドレッシングなどなど、、が置かれていました。結局何も買わなかったのだけど、、にんにくを買って義理両親のお土産にすればよかったかなー。(笑)何も買わなくてもとにかく「見た」というだけで満足なんです、はい。(笑)

このGilroyという町ではもうじきガーリックフェスティバルというのがあるみたい。行ってみたいなぁ~。(笑)

----------------------------

SFではオースティンで友達だった友人ファミリー(今はサンノゼに引っ越してしまった。。)と待ち合わせをしていました。場所は彼らお勧めの飲茶のお店、Yank Sing。なんとここは飲茶しかやっていないそうで、、この日は飲茶を食べた後も彼らが一日観光に付き合ってくれる予定でした。

友人のお勧めだけあってほんとにおいしかったです~。感激!食べた飲茶たち。。

 
左:肉汁たーっぷり。。スプーンに乗せて一口で食べるのだそう。
右:餃子

 
左:シュウマイ
右:海老の蒸し餃子。子供たちの大好物。

 
左:一人分の北京ダック。おいしぃ~!パン(皮?)もふかふかで最高でした。
右:春巻き。はさみで半分に切ってくれます。

 
左:ひき肉のレタス包み
右:海老を海老のすり身で包み揚げたもの。

この日は土曜日だということもあり、店内は超満員状態でした。あ~、今考えてもおいしかったなぁ。写真がないのだけど、、デザートのマンゴプリンがまたおいしくて感激でした。

続きます。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪


投稿者 popo : 15:58 | コメント (4)

2007年07月02日

ワインカントリー方面に出かけてきます

今サンフランシスコでの朝です。
これからナパへ向かい、ワイナリーを少し回ってから今夜はワイントレインに乗る予定です。
日曜日の夜に、子供は無料というパッケージがあってそれを予約してあるのです♪子供たちは無料なだけでなく、別車両で預かって遊ばせてくれるんですよ~。
だから今夜は夫婦でのーんびりと車両のなかから葡萄畑の景色を眺めつつ食事ができる予定なのです。あぁ、楽しみ。(笑)貴重な夜です。食事がおいしいといいなぁ。

今日と明日はサンタローザにあるヒルトンホテルに泊まる予定なのですが、インターネットアクセスが1日約10ドル、、、なので更新またはメールチェック等、できないだろうと思います。(たぶん、、、)

なので次の更新はLAに戻ってからとなる予定です♪

それでは行ってきます~。

投稿者 popo : 00:56 | コメント (3)

モントレー・その3

水族館を思う存分楽しんだ後は友達が薦めてくれた、カナリーロゥの二階にあるワインティスティングルームへと向かいました。海が一面に見渡せる絶好のロケーションで、地元のワインが味わえる。子供が遊べる小さいスペースもあり、子連れでもお勧めだよーということ。

かなり楽しみにしていたのだけど、行ってみるとかなりの混みよう。。ほぼ満席状態だし、テイィスティング用のバーにも人があふれています。しばらく悩んだ末に、、、断念。(涙)10ドルで6種類のワインを試飲させてくれるということでしたが、それは6回あの込んでいるバーに戻ってワインを注いでもらわなくてはならないということ、、、かなり時間がかかるだろうし、うるさい子供が二人いては楽しむどころではないな、、と思いました。こういうことはのんびり楽しむことですもんね、ほんとは。
お客さんはやっぱり大人のカップルがほとんど。。みんな横で子供がぎゃーぎゃーいえばきっと迷惑だろうと思うのですよね。。そう考え出すと子供が騒げばしからなくちゃいけない、でもしかると子供は余計に機嫌を損ねる、、でほんと悪循環になるのが見えています。子供にとってもかわいそうだと思うし回りには迷惑、そして自分たちもきっといらいらする、、、あぁ。。。(苦笑)

もうほんと、、子供たちが小さいうちは仕方がないですね~。小さい子供がいても楽しめることを探していくのが得策だと思います。

----------------------------

夕食は同じくカナリーロゥにある、海を見渡せるイタリアンレストランで。
どこで食べたらいいのかさっぱりわからず、悩んだ末に入ったお店です。観光客向けの場所だというのは明らかだったのであまり期待はしていませんでしたが、、悪くはなかったです。(笑)ここでワインのサンプラーというのが頼めたので(小さいグラスに3種類のワインを持って来てくれる)、プチティスティングできた気分になれたのはちょっとうれしかった。

↑私が食べたパスタ、、、シーフードがたっぷり入っていました。マヒマヒ、サーモン、海老、ムール貝、そしてトッピングはかにの身。量が多いので一人分を頼んで子供たちに分けても十分すぎます。私たちは頼みすぎてたくさん残すことになってしまい、もったいなかったです~。夫が頼んだリゾットも、すご~い量でした。

----------------------------

ディナーの後は無料のトロリーに乗ってホテルの近くまで戻ってきました。無料のバス、、子供たちは喜ぶし最高ですね。(笑)ここに乗り合わせた人たちはみんなとーってもフレンドリーで、我が家のうるさい子供たちの相手をしてくれました。。うれしかったな。

この日泊まったホテル、、やっぱり前日の安モーテルに比べると格段にナイスで、、(笑)こういうところに来ると「やっぱり少しくらいお金を払ってもいい気分で泊まりたいかな、、」なんて思ってしまいますねぇ。(笑)ベッドはふかふか、家具も素敵。バルコニーがあって下の通りを見渡せて。
モーテルにはものすごく香りのきついやすっぽい石鹸がいくつかおいてあったのみでしたが(笑)、このホテルでは石鹸、シャンプー、ボディローションがBath&Body Worksのココナッツライムのいい香りのもの、、、やっぱりうれしい♪しかも子供用に(だと思うのですが)お風呂にアザラシの小さいおもちゃが置いてあって。。。こういう小さい心遣い、、子連れにはうれしいのですよね。

モントレーでの日記はここで終わりです♪


ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 00:26 | コメント (0)

モントレー・その2

さらに海辺の道を北へ。。
モントレーまでの道、、、山中のくねくね道は時速30マイル程度でしか走れなくて、思ったよりずっと時間がかかってしまいました。8時にMorroBayを出発して、モントレーについたのが12時半過ぎ。私はちょっと気分が悪くなってしまいました。山道には弱いのです。

モントレーでは超高級とは言いませんがそこそこのレベルの、、、Portola Plaze Hotelというホテルを予約していました。金曜の夜なので割高。。でも私はホテルのウェブサイトから直接「水族館パッケージ」という宿泊プランを予約していました。これが正解!!安いといのがうたい文句のhotels.comなどのサイトで予約するのと同じ料金で大人二人分の水族館2日パスがついてくるのです~(チケットの約50ドル分が浮いた計算)。最近は旅行サイトなどで取るよりも、ホテルのウェブサイトから直接取ったほうが得な場合も多いみたいですね。どこよりも安い値段を保障する、というところも結構ありました。なので予約する前にホテルのサイトからの予約料金と比べてから取るべきだ、、と今回学びました。

さっそくホテルにチェックインした後はモントレー水族館へ。ここまではホテルからテクテクと歩いていきましたが、無料のシャトルバスも街を走っています。車で行ったら水族館でまたパーキング代を取られるだろうから、シャトルバスは活用すべし!ですね。子供たちも喜ぶし。。私たちも帰りはシャトルに乗りました。

モントレー水族館ですが、、、何人かの友達からお勧めだとは聞いていましたが、ほんとに子供の目線で作られているすばらしい水族館で感動してしまいました。子供が喜ぶつぼが押さえられているんです。でも楽しいだけではなくてちゃんとエデュケーショナルな部分もあって、動物の生態だとか、あとは環境について自分たちは何ができるのかなどがわかりやすく学べるようになっています。昔からはかなりリニューアルされているみたいですね。夫がずいぶん変わった、、と言っていました。私も一度来ているはずなのだけど、、そのときのことはもうほとんど覚えていません~。あまりにも昔過ぎて。(笑)

長男が食い入るようにしてみていたダイバーショー。スーパーの袋が海に浮いていたら、それはかめにはくらげに見えてしまう。それをかめが食べるとかめは死んでしまうのですよ、、などととってもためになることを教えてくれます。こういう大切なこと、ぜひ子供の時から教えてあげたいですよね。

とにかく終始大騒ぎで楽しんでいたのが3歳の次男。(笑)この彼、、、自分の子供ながらほんとに「いったい何かんがえてんの??」と思わせてくれる事件がありました。

館内に水鳥などがいるのでガラスで囲われているスペースがありました。そこには回転ドアを押して入るようになっているので、ストローラーを持っていた私は外で待つことに。
夫、長男、次男の3人でしばらくある水槽を覗き込んでいたのですが、長男がほかの場所へと走って行ったので夫がそれを追いかけました。しばらくして置いていかれたと気づいた次男も移動開始。その時に、、走っていこうとした彼は突然くるっと振り向いて、隣にいたお兄さんのお尻を指で突き刺し、何事もなかったようにさーっと歩き去ったんです。(笑)
その動作がまるで日本の痴漢(いますよね??いきなりさりげなく胸とかお尻を触って何気なく逃げていくヤツ!!)のようだったのでもう一人で大爆笑!まだ3歳と3ヶ月の次男、、「いたずら」とかそういう観念はあまりないと思うのです。いったい次男は何を考えてそんなことをするんでしょうか~??考えると今でも笑えてきます。

そのお尻をつつかれたお兄さんが振り向いたときにはもう次男は歩き去っていたので、何が起こったかよくわからず、、という感じでした。でもその後友達と何か話して笑っていたようでしたが、、(笑)

ちょっとぽっちゃりぎみで、結構薄手のスエットパンツをはいていた人だったので、ムチムチした感じだったのです。だからなんだか余計に笑えて。。気持ちよさそうで触ってみたくなったのでしょうか?うーん、、わからない!ビデオに撮って残しておきたかったなぁ~。

さらに続きます。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 00:14 | コメント (4)

2007年07月01日

モントレー・その1

昨日はインターネットにつなげず、、でした。インターネットへのコネクションが1分1ドルだったんですよ~。信じられない!(苦笑)

コメントを下さっている皆様、、ありがとう~。今日はもうちょっと疲れていて日記をアップするのが精一杯な気がするので、、後ほどお返事させてくださいね。ごめんなさい!

さて、Morro Bayからモントレーにかけての日記です。

----------------------------

MorroBayエリアは寒いです!前日レストランから歩いて帰ってくるときには凍えそうになりました。。。この日の朝の気温は56度ほど。寒いはずです!
泊まった安宿の写真を記念に♪

すぐ後ろにこの土地の観光名所(?)であるモロ岩が見えます。なかなか壮観。朝は特にきれいに見えました。室内は最高に綺麗とはいえませんでしたが、ベッドも広く快適だったし、清潔度も合格点、場所も海沿いのレストラン等に歩いていける便利なところにあって、インターネットアクセスつきで$65。これはこれで悪くなかったな、と思います。

疲れて夜は早く寝てしまうのでみんな早起きです(夫以外。彼はどんなに早く寝ても次の日の朝いつまでも寝ていられる)。なので8時ごろにはホテルをチェックアウトして出発しました。

まずはコーヒー!と、前日にチラッと見かけたかわいらしいコーヒーショップでコーヒーを二つ。
国道の入り口近辺にあるお店。コーヒーはとってもおいしかったです。マフィンやペストリーなどもいろいろと置いてありました。

----------------------------

さて、北に走り始め、Cambriaという街まで来ました。一泊するのはここかMorroBayかどちらか、、と思っていたのだけど、事前に調べた結果Cambria周辺のホテルは高価だったのでそれも結局MorroBayに泊まったひとつの理由でした。

Cambriaに来て見て納得!とっても素敵な場所で、本当にかわいらしいコテージが海のそばに並んでいます。MorroBayはどちらかと言うとちょっとくたびれた海辺の町、、こちらはかわいらしいリゾート、という感じ。(笑)

こんな綺麗な湾沿いにずらりとかわいらしいコテージが並んでいました。長い遊歩道があり、のんびり散歩もできるようになっている素敵な場所でした。ダウンタウンには行きませんでしたがきっと同じくかわいらしいお店がたくさんあるのだろうなぁ。

ここの防波堤沿いに大きな石がごろごろと置いてあって、子供たちはしばらくそこに登って遊んでいました。

----------------------------

さて、この後さらに北へと走ると、"Elephant Seal Vewing Spot"という場所がありました。名のとおり野生のElephant Seal(日本語ではそのまま象あざらし??違ったような、、、鼻がまるで象のようなんです)が見られる場所です。見に行ってみると、、、いました、いました!何百キロもあるような大きいのがごろごろと、、

自分の体に砂をかけて、砂まみれになって寝転んでいます。乾燥防止??なのかな?日焼け止め?(笑)海から上がってくるもの、または海の中に戻っていこうとするものも見かけましたが1~2メートルほど動いたらパタッと動かなくなるんです。体が大きいので一気には歩けないんだろうか、、かなり長い間休んでからまた動く、、という感じでした。

----------------------------

またまたしばしドライブ。このあたりはずーっと曲がりくねった山道で日本を思い出します。ちょっと休憩、、と次に止まった場所、、ここに来て思い出しました、、たぶんここは私がずーーーっと若いときアメリカ旅行をした際、同じように止まった場所!すごく古めかしくてかわいらしいグロッサリーストアがあり、ここにはまたいつか来たいなぁ、、できたらこんなところで泊まって見たい、と思った場所です~。

これがそのグロッサリーストア。ここにはかわいらしいカフェと宿泊施設もあります。こんなのところでのんびりランチ、、、なんてあこがれるけれどチビが二人もいるので先を急ぎます。(笑)今度来られるのはいつかな、、子供たちが育って夫婦でのんびり旅行ができるようになったときかもしれませんねぇ。

続きます、、、

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 14:36 | コメント (0)

2007年06月29日

Morro Bay

今日はお昼過ぎくらいにLAを出発し、海辺の道を北へと向かいました。
途中ちょっと休憩、、と小さな町Los Alamosというところで止まったら、、、こんなお店を発見!(ほかになんにもない場所だったのにこのお店だけがぽつん、、と。。)

最近アンティークショッピングはなるべく自制しているんだけど、、こういうのって出会いだから逃しちゃだめよね、、と一人でふらりとお店の中へ。(笑)
結果、、コレクションしている古いハワイのスーベニアプレートを2枚発見!やっぱりよい出会いがありました♪わーい。

この後もう少し北へ走り、今日はMorro Bayというところに泊まっています。今日の宿泊先は特に決めずに、適当な場所で泊まるつもりで来ました。結局海にかなり近いところにある小さいモーテルにチェックイン。少し古めかしい安モーテルですが、フリーインターネットアクセスだというのに惹かれて。(笑)
今日は本当に寝るだけだし、、、十分です。

チェックインしたあとはピアを少し歩きました。

歩いているとふと目に留まったワインティスティングルームがありました、、、ここまでくる途中の道にもワイナリーがたくさんあり、ブドウ畑が広がっている景色が見られたので、きっとこの近辺で作られたワインなのだろうなぁ、ぜひ飲んでみたい!と店内へ。
ところが、、、ワインは私は好きな味だと思ったのだけど、、お店の人の対応がどうも。。子供づれだったからか、私が変なアジア人の小娘に見えたからか(笑)どうかはわかりませんが、明らかにほかのお客さんとは違う対応のしかたですっかり気分がなえてしまいました。なんだかこの先のワイナリーツアーでもこんな対応をされちゃうのかな??なんて考えると憂鬱になってきて。
でも、、、すべての場所がこうだというわけではない!と期待しよう。。

この後すぐ近くにある日本食レストランに行ってみたのですが、、(こっちに来てから一度もお米を食べていなくて禁断症状がでていたので!!)これもかなり、、、うーん、、、という結果でした。。感じのいいシェフがいたので本当はよく言いたいのだけれど、、生牡蠣はすごく生臭かったし、ロールもなんだかすべていまいち、、まず酢飯がおいしくないのでした。まるでその辺のグロッサリーストアで買うお寿司の酢飯のような味。申し訳ないけれどやっぱりお勧めはできません。あ~、不完全燃焼!(笑)
(あ、お寿司はお勧めしないけれど、もしかしたらほかのものはおいしいのかも知れません)

というわけで残念ながらMorro Bayでの滞在はあまり楽しいものではなかった、という結果になってしまいましたが、明日からはまた気分一新して楽しもうと思います♪

明日は午前中にモントレーまで移動して水族館に行く予定です。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 14:54 | コメント (10)

2007年06月28日

LAに無事到着しました♪

今朝は朝の5時半起きで8時50分発のフライトに乗り、無事LAに到着しました。
こちらは時間が2時間遅いので今日は一日が長く感じられるはず。。子供たちはきっと早くに眠たくなるだろうから、早めに寝かせる準備をしないと!

前回来たとき(クリスマス)と同じく、義母はサブマリーンサンドイッチとポテトサラダを用意してくれていました♪

おいしくてしょっぱなから食べ過ぎた~。(苦笑)後が大変だから、今回は旅行だからといって食べ過ぎないようにしようと思ってるのに!おいしいものを目の前にするとすぐに意思が弱ってしまいます~。

-----------------------------

さて、ここまでの道のりですが、、長男6歳はもうすっかりおにいちゃんでいつものとおりまったく手間がかかりませんでした。でも次男は飛行機に乗る前から降りるまで、、、とにかくすべての感情を一通り表したという感じでちょっと大変でした。
まずはなぜか空港に着くなり「抱っこ抱っこ!!」。最初はいつものようにちょっと甘えているのかと思ったのだけど、なんだか様子が変。ゲートで飛行機を待っている間も私にしがみついて離れないのです。おなかもすいているはずなのに何も食べないというし。
いつもは出かけるとどこでもはしゃぎまわる子なのにどうしたのだろう、、となんだか心配に。

飛行機に乗ってもそんな感じで私にしがみついて泣き始めるので、「おなかが痛いの??」「大丈夫?」と聞いても反応なし。
そこで、、、
「もしかして怖いの?」と聞くと首を立てにふって「うん、うん」と。

え~、怖いのかぁ~。怖いもの知らずに見える彼なんだけどこんな繊細なところもあるんだなぁ。

そこで私が、「怖くないよ~。大丈夫。全然怖くないからね。ママもいるし大丈夫でしょ?」というと、、、、とたんに元気を取り戻しました。(笑)
そしてこの後はにっこにこ~。子供って面白い。

その後は機嫌よくしていたのですが、もうすぐ到着というときになってちょっと機嫌を損ね、私に暴力開始。泣き喚きながら引っかく、たたく、噛み付こうとする、、、もう大変。しばらくしたら落ち着いてまた私にしがみついてくるのでかわいいのですけどね。。(かわいくないか。。)
そしてあとで、「さっきママのことたたいたり引っかいたりしたでしょ?痛かったよ!!」というと、「ソーリー、ママ。ごめんね。」と。うーん、、、どうしても憎めん!(笑)自分の子供ってそういうもんなんだろうなぁ~。

とにかく、、次男にも繊細な感情があるんだ、、と知ることができていい経験だったかな。

私は子供たちがおとなしくしてくれていた間に小説を一冊読みきりました♪あー、小説を読む時間をもてたのなんてほんと久しぶり。これから2週間の間にあと何冊かよめたらいいなぁ、と思っています。

今日読んだのは 鷺沢萠さんのさいはての二人という本。短編が3つ入ったものなのですが、3話とも悲しい、、、だけど最後に望みの光が見える、、そんなお話でした。私は彼女の本は読んだのがはじめてでしたが、とても気に入ったので、、ほかの本もぜひ読んでみたいなと思っています。

----------------------------

義理両親の家には今プラムがたわわになっています。これがおいしいのなんのって!長男はぺろりと5つほど平らげました。そしてその後は子供たち二人は庭に連れて行ってもらい、自分たちの手でプラムとりをさえてもらってうれしそう。
こうやっていつもとは違う環境に来て、いつもはできないことをする、、、子供たちにとってはほんとにいい経験になるんだろうなぁって思います。こういう経験をつめば感性が豊かになってくれるのじゃないかなぁって。

明日から5泊または6泊で北カリフォルニアまでドライブ旅行に出発です。いろんなものを見て何かを感じてくれたらいいな。私にとってもこれは本当に久々に旅行らしい旅行。なので私自身もとーっても楽しみです♪


ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 07:29 | コメント (12)

2007年04月19日

4月恒例のいちご狩り

今年も行ってきました、いちご狩り♪

去年の春は雨がほとんど降らなかったためにブルーボネットが全然咲かなかった、、というお話をしましたが、去年はいちごも大不作の年でした。熟れた実を見つけるのが本当に大変。そして見つけても小粒も小粒、、、という感じで、何とかある程度摘んで帰ったのですが帰ってみたら小さすぎて箱の中で半分くらいつぶれてしまっていたという、、悲しい結果でした。

でも今年は豊作!おいしそうないちごをどんどん摘むことが出来ました♪


見渡す限りのいちご畑


写真上左:もっともっとたくさん摘みたかったのだけど、「そんなに摘んでどうするの??」と自問自答して自制。(笑)ここは摘んだ分だけお金を払うシステムで、1パウンド2ドルでした。3パウンドくらいは摘んだかな。

写真上右:ここはアイスクリームやレモネードがおいしいのです♪アイスクリームはいちごとパンプキンの2種類があり、どちらもおいしい~♪行くと絶対に買ってしまいます。

日曜日は12時にオープンするはず、とちょうど12時に着くように行ったら、、実は1時からでした。(苦笑)仕方がない、持ってきたお弁当をとりあえずどこかで食べよう、、と車で周辺を少しうろついていたところ、ある場所に車がたくさんとまっていて、人がうろうろしている。。。

なんなのかな??と近くに行ってみると、、、、一面のブルーボネットフィールドでした!

古ぼけた小屋がぽつんと建っていて、なんだかとっても絵になる場所。カメラを持った人が多く訪れていたのもうなづけます。こんな場所があったなんて~。思わぬ発見にうれしくなった私でした。

さて、摘んできたいちごで翌日いちごアイスクリームを作り、残ったいちごの少しはそのまま冷凍、そしてあとはジャムになりました♪ジャムはあまり煮詰めずいちごがごろごろしたままのもの。バニラアイスにたっぷりかけて食べよう~、と楽しみです♪
フレッシュないちごで作ったホームメイドアイスクリーム(はい、アイスクリームメーカーを約5年ぶりくらいに引っ張り出してきて使いました。。)も最高においしかった~。次男には拒否されたけど。ムカッ。(笑)このおいしさがわからんなんて。。かわいそうなやつだ。

いちご狩り、、、出来たら今シーズンもう一度行きたいくらいです。チャンスがあればぜひ。
でももしも2度目の機会を逃してしまっても、、、、今度はブラックベリー狩りが待っています♪
その頃にはもうくらくらしそうに暑いのが難点なんだけど。。(苦笑)


ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

☆この記事へのスパムコメントがすごいのでコメントを停止しています。コメントを下さる場合には最新の日記のほうにいただけると嬉しいです。ごめんなさい!

投稿者 popo : 13:10 | コメント (6)

2007年04月16日

MEET THE ROBINSONS

土曜日の夕方に、家族4人で映画を見に行ってきました。新しく出来たシアターに行ったら、足元が驚くほど広い(足を曲げなくても前を人が通れるくらい!)し、いすもリクライニングしてすわり心地がいいしでびっくり。これから映画を見るならここにしよう!と思いました♪(ちなみに場所はラウンドロックに出来たアウトレットモールと同じ敷地にあるCENEMARKです)

見たのは「MEET THE ROBINSONS」 

この映画、、、またいつもの子供向け映画でしょう、、くらいの期待で行ったのだけど、、、これがすごーく面白くて!しかも感動して泣いちゃいました。(笑)

ストーリーもありきたりな子供映画とは少し違って新鮮。そしてとても元気が出る映画です。「人と違ってもいいんだ」「自分は自分でいいんだ」「失敗してもいいんだ」、そして「人生は自分で変えられるものなんだ」という気持ちにさせてくれます。

落ち込んだときにはこの映画を見たいなって思えるような、、、そんな映画でした。とってもお薦め!

次男も映画の間ずーっとおとなしく座っていることが出来ました、確実に成長しているんだなぁ~。

映画を見終わったらもう夕食の時間だったので、そのまますぐ隣にあるレストランChilisへ。Chilisに行ったのはかなり久々だったのだけど、値段が安くて味も悪くないレストランだ、、と思っていました。

でも、、今回はなんだかいまいちで、、揚げ物ばかり頼んでしまったのも良くなかったようで胸焼けして気持ち悪くなってしまいました。失敗~。アメリカンレストランで子供たちが食べそうなもの、、と思うとどうしても揚げ物系になってしまって。

なんか当分は外食はいいや~、という気分。(苦笑)これだからどうしても自分で料理するしかなくなるのよね。。気軽に子供と一緒に食べに行けるような和食レストランがあればいいのだけど、ここで和食というと「イコール寿司」という感じで高くついて仕方がないし。

私は料理が嫌いじゃないので救われているけれど、料理が嫌いな人にはここでの生活は苦痛かもしれないなぁ。

主婦の皆さん、がんばりましょうね~! (><)


ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 11:11 | コメント (6)

2007年03月28日

子供のためのミュージックイベント

もう先週のことになってしまうのだけど、、

先週の木曜日の夜に、子供たちをミュージックイベントへ連れて行きました。BBQレストランに併設されている庭(?)のようなところでの屋外イベント。子供向けのミュージシャンの歌を聞きながらBBQを食べる、、というもの。

こういうところに行くと長男はぜーったいに一緒に踊ったり歌ったりしません。どうしても恥ずかしいみたい。(笑)子供のくせに理性の強い彼です。反対に次男は興味津々。

最初は恥ずかしそうに私にくっついていたのだけど(そうです、彼にも少し恥ずかしいという感情も生まれてきたようで(笑))、徐々に慣れてきてこの通り♪(向かって左から二人目の一番ちびが次男です)

演奏中に子供たちが一列に並び始めたので、何のためなのか全然わからなかったのだけど、面白そうなので次男を列に並ばせてみました。(笑)そうしたら、、、それはカラオケのための列でした。(笑)

子供に歌いたい歌を聞いてくれて、ギターに合わせてマイクで歌わせてくれるんです。
次男が歌える歌は限られていて、、、ABCの歌くらい。なので次男には「ABCって言うんだよ?」って言い聞かせました。

実際に自分の番になると、彼は歌いたい歌を告げる前に勝手に歌い始めちゃいました。(笑)

すごーく緊張した面持ちで、それでも最後まで歌いきった彼。。一体何を考えて人前で歌ってるんだろう?もうおかしくて。(笑)

長男が興味を持ったのは、ちょっと怖い話を交えた歌が始まったとき、、その時だけはミュージシャンの近くに行ってジーっと聞いていました。お化けとか、ちょっと怖い、、とか、そういうのが彼のブームみたいです。男の子ってそうなのかなぁ?

外には砂場もあり、子供たちはその後そこで夢中で遊んでいました。こうやって子供たちを飽きさせず遊ばせながら食事が出来るっていいですね~。もっとこういう場所がいろいろあればいいのにな。楽しかった♪


1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 07:27 | コメント (16)

2007年03月23日

ダラス旅行2日目

二日目の朝はホテルで朝食をのんびり食べて(なーんていうと聞こえはいいですが安いモーテルの朝食です~(笑))その後ミュージアム(Dalls Museum of Natural Science)へ。

最初に長男と私はIMAXシアターでThe Human Body というショーを見ました。夫はああいうものを見ると気持ちが悪くなってしまうと言うことでパス。(笑)テレビで手術のシーンなどを見ただけでくらくらして倒れそうになってしまう臆病者なんです~。なのでその間夫と次男はお散歩へ。

長男はこの映画を楽しみにしていたのだけど、、、始まったら半泣き。(笑)
音がかなり大きいのです。画像はそれほど怖くないはずなのだけど、X線で人間を写して骨の動きを見るようなシーンもあり、結局それは骸骨が動いているようにみえるのでそれはちょっと怖かったかも。。
あとは細胞をアップで写すシーンなどが多々あったのですが、何しろ音響がドラマティックに作ってあってそれが怖かったみたい。
ずっと耳をふさいで私の腕に顔をうずめて、なきそうになりながら「パパとまーのところにいきたい~。。。」と言い続けてました。(笑)でもせっかくお金を払ったし私は最後まで見たかったから「終わらないと出られないの!耳ふさいでなさーい!」で我慢させちゃいました。ごめんねぇ。

映画を見たあとは夫と次男も一緒にBody Worlds展へ。

特に興味があったわけでもなく、すごく話題のものだからどうせ行くなら見ようか、、という程度の気持ちで行ったのだけど、、感想を言うのがむずかしいイベントです。。

本当の人間の死体が展示されているわけ、、なんですよね。しかもなんと触ることも出来る、、らしい。(私も触りたいとは思わなかったし、触っている人は一人も見ませんでしたが。。)でも本物には見えません。何でも特殊な技術で、体の水分と脂肪分を抜き、それをプラスティック樹脂などに置き換えて作る標本なのだそうで、、

その色々な人間の体にポーズをとらせてあったり、あるものは血管を再現して体中の血管が見えるようにしてあり、あるものは筋肉を剥いであったり、、(体が何枚にもスライスされたものもあります。。)こうやって書くとものすごく残酷。。でも実際に見ると本物とは思えず不思議な感じでした。。

この展示はものすごく物議をかもし出しているものだそうですが当たり前ですね。でもそれをやってしまったところがすごい気がします。そして技術にも驚きでした。

次男は展示を回っている間ストローラーに座って驚くほどおとなしくしてくれていて助かりました。長男は何を感じて見ていたのかわからないけど、とりあえず見てました。(笑)これも一つの経験ということで、、

ここを一通り回った後は同じ施設内にある子供向けの場所へ。やっぱりこっちのほうが子供たちには楽しいようですね♪

そしてプラネタリウムも見てきました。ここは、、、びっくりするほど小さいものだったけど、長男はそれなりに楽しんだようです。怖くないのがよかったみたい。(笑)次男は、、、、爆酔していました。(笑)

この後は先日コメントでMOMOさんにお奨めだと教えていただいたチャイニーズマーケットMay Huaへ行って見ました。(実はその前に日本のマーケット、NANAMIというところに寄ったのですが、、、お店がなくなってしまっていました。。悲しいですねぇ。)
May Huaでは教えていただいた通りフードコートで和食を。次男はうどんを大喜びで食べて、長男はまたもやお寿司を。。お寿司、ほんとに安いですね~。長男と日本食レストランに行くとお寿司を食べるので高くついて困るのですがこういうお店があると助かりますね~。

このマーケットにはチャイニーズ系のベーカリーがあって、その場でパンを作っているのが見られて楽しかったです。パン、いくつか買ってみましたがおいしくて、帰りの車の中で子供たちが喜んで食べていました。最近ずいぶん食欲が出てきた気がする息子二人です♪

旅行中の写真を見てみると、子供たちがほんっとに楽しそうな顔をしているんです。それをみると幸せな気持ちになりました。行ってよかったなぁ~って。

また機会を見つけてどんどん家族で旅行したいな、って思いました♪


1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 07:37 | コメント (4)

2007年03月21日

ダラス旅行1日目

ここ数日、毎日子供たちと一緒に9時に寝てしまっていてブログの更新もなかなか出来ないでいます。子供たちとベッドに横たわるとほんとに魔法にかかったように眠たくなってしまって。。(苦笑)9時に寝て5時に起きる健康的な毎日です~。
そんなわけで早く見たいと思っているドラマ「華麗なる一族」と「花より男子」の最終回もまで見られないでいます。今夜こそ~!

さて、、忘れてしまわないうちにダラス旅行について。。

土曜日の朝は張り切って朝7時ごろに出発!そして10時過ぎには最初の目的地だったダラス動物園に到着しました。朝早かったのでまだ駐車場もたくさん開いていたし、園内もゆっくり見て回ることが出来ました♪少し前に同じくダラス動物園に行った友達が、入場したら混まない内にすぐにトラムに乗りに行った、と言っていたのを聞いてなるほど!と。私たちも入場と同時にトラムへ向かって一目散。

トラムはこんな感じでみんな一定の方向を向いて座るようになっています。

トラムで回るエリアは小さなサファリパークのような感じ。動物たちが広い敷地でのんびり過ごしているのを見ることが出来ました。その後園内をのんびりと散策。長男が一番見たいのはライオン、次男はやっぱ象やキリンがお目当てのよう。。

結局午後2時半ごろまで遊んだでしょうか。その後ホテルにチェックインしてしばらく休んだ後、レストランTeppoへ。

先日紹介した生牡蠣を前菜として食べた他、お寿司や焼き鳥、串焼きなどを頂きました♪

デザートには抹茶のアイスクリーム、季節限定だという栗のアイスクリーム、それからにんじんのブリュレを。栗のアイスクリームがいかにもホームメイドという感じでとーってもおいしかったです!にんじんのブリュレは甘さが控えめで、たっぷりにんじんが入ってそうだけれどにんじん臭さは全然なくてこれも美味でした~。

ダラスで思ったこと、、、、車の運転が怖い!怖すぎる~。私はダラスでは絶対運転できそうにありません。。一番びっくりしたのは、60マイルくらいで走っていると、隣をすっごい勢いで抜かしていった車があったこと、、ほんとにレースカーが走っていくようなすごい音がして、60マイルで走っていた私たちの車が揺れたんです!あれは90とか100マイルくらい出していたと思う。。。あんなにスピードを出している車を見たのはほんとに初めて。。自分で運転していたら、驚いてそれで事故をおこしてしまっていたかも、、というくらいびっくりしました。ぞーっとします。

LA出身の夫も、ダラスの運転マナーはひどい、、と言っていました。。でも私たちがたまたまそういう車をたくさん見ちゃっただけなのかも??

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 11:19 | コメント (6)

2007年03月20日

ただいま~♪

たった一泊の旅行でしたが、、「ただいま!」です。
しかしほんとに出発前に家を必死で片付けてよかった、、と旅行から帰ってきた瞬間に思いました。日曜日の夜9時に帰ってきたのですが、、この時家が散らかっていたらどんなにいらいらしただろう、、と思います。(笑)

行きは3時間弱で着いたので、帰りもそのくらいだろうから8時には家に着くな、、、と計算していたら、、
多くの人がスプリングホリデーで移動していたようで、日曜の夜だというのに、周りはファームのみという田舎道で渋滞が始まり結局予定を一時間オーバーして4時間もかかってしまいました。疲れた。。(運転は夫だけど)

それでも小旅行はとっても楽しかったです。とにかく一番よかったなーと思うのがしっかり子供たちと向き合って遊べたこと!週末でも、家にいるとどうしても家事やなにやらで動き回ることになり、子供たちとゆっくり遊んであげることが出来なかったりするのですよね。それが旅行中は家事もなし、PCもなし!(実は私はPC持参で行きましたが、夫はなかったので。彼は家にいると常にPCの前に座っていますからねぇ。。)
たった二日間でしたが子供たちとの距離がぐっと縮まったような気がしてうれしかったです。ほんとは毎日そうであるべきなのだろうけれど。。

旅行については後ほど少し詳しく書くとして今日は初日に行ったレストランをご紹介。。
色々迷った末に選んだのはTeppoというお店でした。

アペタイザーとしてオーダーした広島産の生牡蠣柚子コショウカクテルソース。

メニューの名前だけでもそそられませんか???
どこどこ産って言う響き、、、いいですよねぇ~。日本では当たり前かもしれませんが、こんな風に産地まで記しているお店は私の知る限りオースティンにはないです。そしてその日のお奨めも全部日本語と英語の両方で表記されているし、、これもオースティンでは大抵英語のみで、雰囲気がでません。やっぱり日本語で読みたいなぁ~。
でもこれもウエイトレスさんも日本語がわからないと問題が出てくるだろうし、ここではむずかしいのかも知れませんね。。

このお店は焼き鳥も売り物のようで、焼き鳥を何種類かとつくねなどもいただきました。おいしかったです♪次男は鳥そぼろ丼をボール一つぺろりと平らげ(はい、彼の食欲はしっかり戻ったようです(笑))、長男はお寿司に舌鼓。。。(笑)家族四人大満足でした。

お店の雰囲気もとてもいいし(本当はあまり子連れで行く雰囲気ではないです)、サービスも良くて、、幸せでした♪

ただし、、、一つ失敗が。

この日はセントパトリックディ。そしてTeppoはバーが集まる地域のど真ん中にあったのです~。5時半という早い時間についたにもかかわらず、あたりのバーは緑の服や帽子をかぶった人たちであふれかえっていて。。

困ったのは駐車場がまったくなかったこと!角を曲がったところで"Self Parking"と書かれた看板が見つかったので、そこに入ろうとすると「ここに停めるには20ドル」と!

20ドルなんて法外な値段!!でも、、、もう予約の時間になっていたし、うろうろと駐車場を探すのも、遠くに停めて子連れで長い距離を歩くのも嫌だったので思わず払ってしまったんです。。(苦笑)でもあとでバレーパーキングが見せの前にあったと知って、そこにお願いすれば10ドルで済んだとのこと。大失敗でした~。

これでレストランに満足できなければすごくショックだっただろうけど、大満足だったので、、ま、良しとします。。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 07:29 | コメント (4)

2007年02月23日

チャイニーズニューイヤー

昨日の日記にコメントを下さった皆様、、、ホントにどうもありがとうございました。同じ悩みを持っている人がほんとに多いのを知ってとても励まされたし、先輩ママたちの「心配ないですよ!」という言葉でとっても気持ちが楽になりました。ブログを持っていてよかったなぁと思う瞬間ってこういう時だなぁ~。本当にありがとうございました。心より感謝です。

さて、もう日曜日の話になってしまいますが、中国のお寺でのチャイニーズニューイヤーイベントに出かけてきました。精進料理(すべてベジタリアンなのですが、まるでお肉や魚?と思わせるようなものがたくさんなのです)のランチを食べて、イベントを見て。。。

感動したのはクライマックスのチャイニーズライオンダンス(獅子舞?)。今までもチラッとは見たことがありましたが、こうやって目の前でじっくり見たのは初めて。

一匹の獅子に2人が入るのですが、動きが激しいので4人がチームになり、2人ずつで頻繁に入れ替わり休憩を取りながら踊っていました。こういう派手なお祭り行事ってなんだか血が騒ぎますね~。楽しくてわくわくしちゃいます。

初めて知ったのですが、、この獅子たち、、お金を食べるのですね~。日本で言うお年玉袋のような赤い袋にお金を入れて、獅子にあげるとそれを口からむしゃむしゃ食べるのです。


食べてます。。。

長男もとりあえず一度お金をあげていましたがかなり腰が引けていました。(笑)もう一回あげる?と聞くともういいって言うし。ちょっと怖かったみたい。(笑)次男は全然平気。獅子の前に自分で出て行ってお金をあげ、とっても誇らしげに帰ってきました。(笑)

我が家の子供たちの血は3割くらいがチャイニーズなのだし、、、こうやって中国の伝統に触れさせてあげられるのはとてもありがたいことだなぁ、と思います。日本のお寺もここにあればいいのになぁ。。

来年もぜひ行こう!と思います♪

ところでこのとき長男が実は熱があった様で、、、家に帰って熱を測ってみると101度。次の日は学校はむりかなぁ、、せっかく今まで皆勤だったので残念だけどしょうがない、、と思っていたら朝には熱が下がっていて本人も大丈夫だというので結局学校に行かせました。

その後平気なようだったのだけど、水曜日に学校に迎えに行くとなんだかボーっとしている。。おかしいなと思うとまた熱がでていて今度は102度。その日は家に帰るとバタンキューで寝てしまいました。

熱なんてほとんど出したことのない子なので(僕は病気になったことある??なんて私に聞いてくるくらい)、病気とか熱がでるとかいう感覚がよくわからないみたい。(笑)それで自分が病気だという認識もなかったようで、、「またお熱があるようなら先生に言うんだよ。ママかパパが迎えに行くからね」と言っておきました、、わかってくれたかな。

結局、、、また朝になると熱は下がっていて何事もなく学校に行った彼でした。。ここまできたら皆勤賞、狙って貰いたいなぁ。がんばれ!(笑)

次男も本当に病気をしないし、我が家の子供たちは健康で親は助かっています。私も全然病気しないので、10日間あるPBA(パーソナルビジネスアローワンスと言って病気になったときや病院の予約があるときなどどうしても抜けなくてはならないときに使える有給休暇でまたバケーションとは別物)が全然減りません。(笑)子供が複数いると、年の前半で全部PBAを使い切ってしまい後が困る、、なんていう人も多くいるので、本当にありがたいことです。

さて、テキサスもいよいよ暖かくなり、春の到来!という感じです♪野菜やハーブの種や苗を植える準備、そろそろしなくちゃ~♪今年こそは紫蘇をうまく育てられますように!!

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪


投稿者 popo : 10:13 | コメント (4)

2006年10月06日

ピクニック弁当

先日ピクニックに行ったときのお弁当です。
私にしては、、これでもかなりがんばったんです!
何しろお弁当なんてほとんど作ったことがないので手際が悪くて時間がかかる、かかる。。

うさぎかまぼこのアイデアはここからいただきました。
うさかまちゃん★ by aimama

長男のリクエストは「たこさんウインナーと玉子焼き」だったのでその二つ、それからかぼちゃのサラダにミニトマト、、というお弁当でした。

子供たちには喜んでもらえたようでよかった♪今月はもう一度ピクニック弁当を作る予定があります(パンプキンパッチに行きます!)。
次回はもう少し上達したい!


1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 23:27 | コメント (3)

2006年09月06日

Back to normal..

我が家に滞在していた日本からのお客様も無事帰国し、またいつもの毎日が戻ってきました。。。せっかくなのだから楽しんでもらいたい、、と色々知恵を絞ったつもりですが、とりあえず楽しんでもらえたようでホッとしています。私もこんなに頻繁に外食したり出歩いたりしたのは久々だったので楽しかった!そして彼女と出歩いている間、お留守番して子供たちを見てくれていた夫には感謝です。

週末はLabor Day(月曜日)を含む3連休でした。日曜日の朝早く友人を空港まで送っていき、その後一緒に行きたいと言って空港まで着いてきた長男と二人でデニーズで朝ごはんを食べました。この一週間、あまり一緒に時間を過ごせなかったのでせめてもの償い。(笑)

こういう「いつもと違うこと」って子供にはとっても楽しいらしく、長男はとってもうれしかったようです。いつもは小食な彼がものすごい食欲を見せたので驚きでした。やっぱり楽しいと子供も食が進むのかなぁ、と思うと毎日の家での食卓について考えさせられたり。もっと楽しく食べられる工夫が必要かも。。

デニーズにはキッズメニューというのがあり、これが日本で言う「お子様ランチ」の感覚。もちろん内容はジャンクフードがメインのアメリカ式ですが(苦笑)、パンケーキでエイリアンの顔が作ってあるものや、ロケットや月の形をしたチキンナゲットなど。。長男は大喜び。

結局彼はこの写真のロケットチキンナゲットとフレンチフライのセットを食べました。ジャンク度100%!(苦笑)でもほんとにうれしそうだったからいいかぁ。。

この日はうっすらと曇り空で気温もそれほど上がらないようでした。そこで急遽シーワールドに遊びに行くことに。年間パスを買っているし行かなくちゃ損!なのですが真夏の暑さの中ではどうしても行く気がせず夏の間は結局一度も行かずじまいだったのです。
園内はかなり混雑していましたがいくつかショーも見て(お子様向けの)乗り物にも乗って子供たちは楽しんだ、、、(と思う!)。
今までは長男と次男でストローラーの取り合いになることが多かったのに、今回長男は文句を言わずに一日歩いたので成長したなぁ~とちょっと感激。

帰りは、行きに道沿いにチラッと見かけた日本食レストランに寄ってみました。ここがかなりよくて、サンアントニオにこんな日本食レストランがあるなんて~と驚いてしまいました。なんと市内に3店舗もあるのだそうです。

SushiZushi 

完全にアメリカナイズされたジャパニーズレストランなのですが、メニューには"Musubi"(おにぎりのこと)とか"Gohan"とか書いてあって面白かったです。メニューの種類がものすごく豊富でまずこれに驚き+圧倒。寿司ロールの種類なんてなんと60種類くらいあった!(メニューはここで見られます。)

子供たちにはご飯と焼き鳥やシュウマイを。ありがたい~。子供をつれて外食となるといつもチキンナゲット、フレンチフライ、たまにマカロニ&チーズとこればかり。これくらいしかないのです~。だからご飯+おかずを頼めるというのは本当にありがたいこと。
お寿司の魚も悪くなくて、これからサンアントニオに来る時には必ずここだね~、と夫と話しました。

ウエイトレスもてきぱきしてとっても感じがよくて、「満点!」なんて思っていたのですが最後にやっぱり「さすがアメリカ、、」と思わされる出来事が。(苦笑)

寿司シェフはたくさんカウンターの中にいるのに、混んでいたためかメニューが多すぎるためか、お寿司が出てくるのにかなり時間がかかったのです(ちなみに他のものはすばやく出てきました)。それでようやく出てきたと思ったらオーダーしたものが一つ抜けていたのでウエイトレスに聞いてみると、、シェフと話して戻ってきた彼女は、「これから寿司をオーダーすると最低20分以上かかります、、」と。

今から新しくオーダーしてそれくらい待つのはまぁ仕方がないです。でもあちらのミスでオーダーしたものが出てこなかったのにまた20分待てというのはちょっと、、、普通は速やかにそれだけ作って持ってきますよねぇ~。
そこで文句を言えばきっと通ったのでしょうが、もういいや、、、という気分になりそれはキャンセルすることに。せっかくいい気分で食事をしていたのにこれだけがほんとに残念でした。最後までいい気分でいさせて欲しかったなぁ~。

でもそれでもこのお店はお奨め。また行きたいです。なんでこういうお店がサンアントニオに3件もあってオースティンにはないんだろう。ダラスにも1件あるそうなのでここにも進出してくれないかな~。


1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 02:15 | コメント (3)

2006年08月01日

ヒューストン旅行

週末に一泊でヒューストンに行ってきました。
もうそろそろ夏休みシーズンも終わり。長男は来月の半ばからいよいよ公立の学校に入学なので夏の思い出を何か作ってあげたくて。

土曜日はヒューストン沖、ガルベストン(ヒューストンから車で1時間ほど)のビーチへ。ここのビーチは水はきれいだとはとてもいえないのですが、砂がさらっさらでとってもきれいなのです。

夫と子供たち二人は波打ち際で長い間遊んでいました。次男は海に入るのはこれが初めてでしたが波が来るたびに「きゃー!わぉー!!」と大騒ぎ+大喜び。長男が今の次男の年頃には怖がってなかなか海に入ろうとしませんでしたが、さすがに怖いもの知らずの次男。なんどかよろけてこけても全然めげずにはしゃいでいました。

海から上がったあとはしばらく砂遊び。拾った貝でお城(山?)を飾りつけ。

平日は仕事で家を空けているから週末は貴重な家事の日。二日とも空けるのはなかなか思い切りが必要なのですが、楽しそうな子供たちの姿を見たら「あ~、来てよかったなぁ」と思いました。

ガルベストンのホテルはどこもほぼ満室状態でしかも値段も高いので、泊まるのはヒューストンのリーズナブルなホテルに決めました。当日の朝に、行きたい日本食レストランの近くのホテルをオンラインで予約しておきチェックイン。

このホテルがとてもよかったので、、紹介しておきます。La Quintaという全米チェーンなのですが、まずは値段が安いです。親子4人でツインベッドが二つある部屋を(1つ)取り、タックスも入れてたったの70ドルでした。部屋も清潔できれいだったし、無料のワイヤレスインターネットアクセスもあり。そして無料の朝食が付くのですがこれも期待以上。オレンジジュース、アップルジュース、コーヒーにミルク。それからデニッシュやマフィン数種類(味も悪くなかった!)、食パンにベーグルにシリアル。それから、、、ちょっと感動したのが自分でワッフルを焼けるようになっていたこと。一回分ずつの生地が紙コップに入って用意されていて、それをワッフルメーカーに流し込んで焼くのです。これ、楽しいしそれに焼きたてを食べられるなんて贅沢ですよね。もちろんトースターや電子レンジも完備されていました。
こじんまりとしたホテルなのでそれほど混み合うこともなくのんびりと食べられたし、これはとてもうれしかったです。

前にホリデーインに泊まったことがあり、そこにも無料の朝食があったのですが、、、これが最悪で(笑)。大き目のレストランで出されたのですがものすごい人、人、人。置いてあったのは食パンやそれからその辺のガスステーションでプラスティックのパックに入って売られているようなすごい人工的な味のまずーいマフィン。マフィンはおいしくないから食パンを、、と思うとトースターには長蛇の列。。コーヒーを入れるのにも並んで待たなくてはならず、朝からストレス爆発!という感じでした。

La Quintaよりも明らかにランクが上(少なくとも値段は上!)のホテル、ホリデーインでの朝食がそんな感じだったので、今回も期待していなかったのです。だから今回の朝食はうれしい驚きでした。

話は変わって、、、いつもの食べ物の話です。(笑)
夕食にはおいしい日本食を!と思っていました。でもどこがおいしいかよく分からないのでネットで調べて評判のよさそうだったあるお店を試してみることに。

最初に一品料理を何品か頼んだのですが、、、これは全部がっかり、、アナゴのてんぷらは硬くてぼそぼそ。クリームコロッケはスーパーで売られている冷凍のもの、揚げだし豆腐も硬くて出汁もおいしくない。ねぎしかのっていないし。

これは失敗した~、、、と思ったのですが、、、驚くことにお寿司はとってもおいしかったのです。ねたが大きくてそして値段も手頃。一品を頼まずにお寿司だけにすればきっと満足できたと思います。あ、でも、、、日本の生ビールがなくって瓶のみだったのはポイント低し!!瓶ならいつでも家で飲めるから生ビールを楽しみにしていたのになぁ。

さて、二日目はダウンタウンの水族館へ(長男が水族館に行きたいと言っていたので、、。

この水族館、小さいのですがテーマがあってなかなか面白かったです。でも、、、恐ろしげな音響があるエリアがあったりして、子供たちにはちょっと怖かったみたい。次男までもが怖がっていたところがあったので笑えた!(笑)というか彼にも怖いものがあるんだ、、と思うとちょっとホッとしますね。まったく怖いものがないなんてことになると「危機管理能力」というものにかけているのではないかと心配になっちゃうので。。

園内には小さい子向けの観覧車やメリーゴーランド(乗り物が海の生き物になっていてかわいい)、そして汽車なんかがあり、それもうちの子たちくらいの年齢にはとても楽しめました。フリーパスを買ったし、朝いちにいったのでまだ人も少なくて乗り放題!早い時間に行ったのは正解でした。
ただし汽車はちょっと怖いかもです。。さめがたくさんいる水のトンネルに入るのですが、薄暗いところをさめが180度(汽車の屋根が透明になっていて上にもさめが見える)うようよ。そしてナレーションがまた恐々しい、、それからそのトンネルを抜けてしばらくいくといきなり池からさめ(ジョーズみたいなの)が飛び出してきます。これも子供たちはかなり驚いていたので怖がりのお子さんがいる場合は気をつけたほうがいいかもしれません。

この水族館+遊園地は2時間ほど遊んだら十分、という感じだったので、その後はTODAI
でお昼ご飯を食べ、IKEAで買い物をして帰ってきました♪IKEAはパーキングが新しく整備され、お店も増築されて大きくなっていてびっくり。オースティンにも春にオープン予定なのですがとっても楽しみです~。

ヒューストン、なかなか楽しい。。もうちょっと涼しくなったら今度は動物園+NASAのスペースセンターに遊びに行きたいな~と思っています。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 01:39 | コメント (4)

2006年07月11日

ファームへ

同僚にご両親がファームを経営しているという人がいて、彼が同じ部署の人たちをそのファームに招待してくれました。

ファームには牛、鶏、ヤギ、豚などがいました。鶏はケージフリーでファーム中を走り回っています。実は私はいつもここから卵を分けてもらっているのですが、その卵がもう最高なのです。一般に買える卵とはもう見るからに違います。白身の割合が少なく、黄身が大きい、黄身は濃いオレンジ色、そして白身がぷりっとしているのです。一般の卵のようにさらっとした白身とはまったく別物。この卵をたったの1パック2ドルでいつも分けていただいているのです。栄養分もきっと一般の卵よりずっとずっと優れているだろうから本当にありがたいこと。。
問題は、、もう他の卵が食べられなくなってしまったこと!どうかいつまでも分けていただけますように~。

さて、ファームツアーの話に戻りますが、、

うちの次男は本当に怖いもの知らず!大きな牛なんかにも一人でさーっと近づいていって触ろうとします。

周りの人が「この子は動物好きみたいだから将来はファーマーかも?」なんて言っていましたが、次男は別に動物が好きだから喜んでいたというわけではないのですよね。彼は何につけてもいつもとちょっと違ったことを大げさに楽しむ子なのです。この間だって花火に大喜びしていたし。。きっともう少し大きくなったら絶叫マシーンなんかが大好きな子になるのだろうなぁ~。

反対に長男は終始へっぴり腰。(笑)動物に近づくのも恐る恐るです。しかも早々に飽きちゃって早く帰りたがるし。。その後ヘイライド(トラクターがひっぱり荷台に乗る)で少し機嫌を持ち直したけれど。

ヘイライドではとうもろこしやコットン畑をぐるりと回ってくれました。コーンをもぎ取って持って帰りたかったけれど残念ながらまだ食べられるほど成長しているものが少なかったので断念。。でもこのコーンは動物のえさ用に育てているもので、人が食べるためのものではないのだそうです。

私にとってもファームの見学なんて初めての経験でとっても楽しかった。コットンってこんな風にできるんだぁ~、と感動したり。。貴重な経験をさせてくれた同僚に感謝です。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 04:36 | コメント (2)

2006年05月19日

日本記6・伊勢志摩旅行

一泊で伊勢志摩に旅行に行きました。シンにぜひ温泉旅館を体験させたかったのです。部屋に食事を持ってきてもらって食べたり、露天風呂につかったり。。アメリカではなかなか出来ないこと。

まずは伊勢神宮へ。

伊勢神宮には確か小学校の修学旅行で行きました。でもほとんど覚えていない、、当たり前か。一体何十年前の話。。?(苦笑)

境内の景色がすばらしかったです。ところでタクシーの運転手さんが教えてくれたのですが、ここでは毎日3食神様のために精進料理を作って神様にお供えするのだそうです。しかもすべて自給自足!お寺の人たちは野菜を育てるところから料理まですべてをこなされるのだということ。大変な仕事ですね。

おみやげ物屋さんなどが並ぶ通りをぶらぶらしていると「お豆腐ソフト」なるものを見つけました。あっさりしていておいしかった。言われなければお豆腐が入っているなんてわからない感じです。

おかげ横丁というところに行きました。おいしそうなお店がたっくさんあったのですが夕食の時間が近づいていたので横目で見ただけ、、残念。

ここではこどもの日のイベントをやっていて、シンはかなり本格的な鎧兜を着せてもらって写真を撮りました。このサービス、たったの500円!もらえる写真はポラロイド一枚ですが、自分たちでいくら写真を撮ってもOK。
ビジネスのためではなくて町おこし的な目的でやっていることなのでこんな料金なのでしょうが、まるで五月人形のような写真が撮れてうれしかったです。とってもいい記念になりました。

しかしこれ、かなり重たかったみたいです。かぶとだけで2キロくらいあったようなので。。シンはちょっとよろけていました。(笑)
ちなみに毎年行われているイベントのようです。


このあと赤福の本店(これは外せません!一度行ってみたかったのです)で赤福とおいしいお茶をいただいて旅館にチェックインしました。

食事は感動するほどおいしいものではありませんでしたが、窓からの景色がとっても綺麗なところでした。食事の後はシンと露天風呂へ。まだ時間が早かったからか私たちだけの貸切状態を二人で楽しみました♪

続く。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 03:25 | コメント (5) | トラックバック

2006年05月18日

日本記5・雨雨ふれふれ♪

雨の日。

雨の中傘をさして歩くというのが息子にはとっても新鮮なこと。とにかく楽しいらしくニコニコとはしゃいでいたのがかわいかった。

水溜りを見たらぱしゃっ!と足を入れずにいられないようなのが困りましたが。。大降りでなかったのは幸いでした。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 00:28 | コメント (3) | トラックバック

2006年05月15日

日本記2・ほか弁と昔ながらの家並み

久々の日本ではただのほか弁にも感動。

これはチキン南蛮弁当。チキン南蛮はアメリカで自分で作ったものの方がずっとおいしかった。(笑)でも500円出せばこういうお弁当がいつでも買える、、、というのがすばらしいのです。

昔ながらの長屋がたくさん残るこんな道を歩くのが本当に楽しい。

ほとんどの家には庭がないけれど、こうやって玄関先でガーデニングを楽しまれている様子を見るとなんだかほ~っと幸せな気持ちになります。

本当にたくさんの家の前にお花がたくさん飾られていました。昔は気にもとめなかったのだろうけれど、今は自分がガーデニングに凝っていることもあり、一つ一つの花が気になります。シンと足を止めては「綺麗だねぇ」と眺めながらのんびりと歩きました。

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪


投稿者 popo : 13:28 | コメント (3) | トラックバック

2006年04月24日

いちご狩り♪

またまた今年もイチゴ狩りに行ってきました。
でも今年はイチゴが不作なそうな。。
春先から変なお天気だったからなぁ。
不作だということで葉の中をかきわけて探さないと
なかなかきれいなイチゴは見つからず、
それにかなり小ぶりなものがほとんどでした。


イチゴを探す次男

それでも何とか3パウンドほどを摘み、
家に帰ってさっそくいくつかをチョコレートカバードストロベリーに。

この時大失敗をしてしまいました。
湯煎でチョコレートを溶かしていて、ほぼきれいに溶けたかなぁ、という時に
湯煎のお湯がチョコレートの中に入ってしまったのです!
するとあっという間にチョコレートは固まってもそもそに。。。
泣く泣くそれは処分し、新しく作り直しました。
最初のチョコレートのほうがイチゴ用に向いていたのに残念。

のこりのイチゴはプリザーブにしました。
ヨーグルトに混ぜたり、それからアメリカンスタイルの
ストロベリーショートケーキも作ってみたいなぁ、と思っています♪

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 07:28 | コメント (6) | トラックバック

2006年03月19日

シーワールドへ

金曜日にお友達家族と一緒にシーワールドに行ってきました。春休みだし何かひとつくらいイベントを企画して子供たちを楽しませてあげないとね。

写真はイルカのいるプール。いるかに魚をあげたりすることも出来ます。間近でイルカが見られてとっても楽しい!次男は夢中で見ていましたが最後はイルカに思いっきり顔に塩を吹きかけられ退散。(笑)そろそろ帰る時間なのに帰りたがらなかったので助かりました。あはは。

しかしすごい人でした!みんな考えることは同じですね。ここは年間パスが安いので(年間パスと一日料金があまり変わらないのです)何度も繰り返し来る人が多く、それが混んでいる原因だと思います。夕方からさらに人がどんどん増えてきていました。

そうそう、長男がついにオルカのジェットコースター(The Shamu Express)に乗ることが出来ました!いつも乗りたがっていたのですが身長が足りずあきらめてきたのです。身長を測るところまで行ってはがっかりして帰ってくる彼をみて切なかったのですが、ようやくその身長に届きました。成長を実感できてなんだかジーン。(笑)

あの極端な怖がりだった長男ですが、最近それを克服しつつあります。このコースターもぜんぜん怖がらず、「楽しかった!」と言っているし、大きな滑り台だって躊躇なく滑れるようになって。。子供ってあるときを境にものすごい速さで変わるものですね。これからの彼を見守るのがとっても楽しみです♪

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 21:11 | コメント (8) | トラックバック

2006年03月08日

カイトフェスティバル

日曜日、お友達家族と一緒にカイトフェスティバルに行って来ました。
毎年行われているもので今年はもう78回目だという歴史ある(?)イベントのようですが、私たちが行くのは今年が初めてでした。

ピクニック用のマットとお弁当を持ってお出かけ。メイン会場では見たこともないような大きなカイトがあがっていたり、ナショナルチャンピオンの演技などが見られます。

そして少し離れた場所ではみんなが好き好きに自分のカイトをあげていました。

会場ではさまざまなカイトも売られていて、我が家もひとつ買うことに。長男が選んだのがこれ。オースティンらしいこうもりです♪かわいくないですか?(笑)

このフェスティバル自体もとっても楽しかったけれど、みんなでわいわい出かけるとさらに楽しいです。誘ってくれたお友達達に感謝!ありがとう♪

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

投稿者 popo : 05:36 | コメント (2) | トラックバック

2005年11月12日

小さな町の素敵な動物園

もう日曜日の話になりますが、、ここから車で一時間くらいの町、Wacoにある動物園 (Cameron Park Zoo) に行ってきました。

友達が数週間前に行って来た、と教えてくれたのですが、それまでこんな動物園があることを全然知りませんでした。ホームページもローカルな動物園にしてはなかなかよく出来ていていい感じです。。

土曜日に何気なくこの動物園のサイトを見ていると長男に見つかり、"I want to go to the zoo!"と騒ぎ出した。そこで「しゃーない、行ってみるか。」ということに。(笑)

これが驚き。なかなかすばらしい動物園でした。とても綺麗に整備されているし、動物もいろいろいて小さい水族館まであります(ほんとに小さいけど)。水の中をくぐるようになっている滑り台もあって、子供たちに人気でした。

海鳥のコーナーなんかもありました。

とても雰囲気のいい動物園。夫も「ここ、サンアントニオの動物園よりよかったねぇ~。」と話していました。園内には広々としていて子供が思いっきり走り回れるような公園もあったので、今度はお弁当でも持ってまたゆっくり行きたいなぁ、と思っています。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング

投稿者 popo : 01:21 | コメント (3) | トラックバック

2005年10月18日

パンプキンパッチへ

週末にパンプキンパッチへ行ってきました。
ここから車で一時間ちょっとのSweet Berry Farmというところ。

ここは春にはイチゴ狩り、そして初夏にはブラックベリー摘みが楽しめます。秋はこのとおりパンプキンパッチ。

ヘイライド(トラクターでファーム内を周る)があったり、ヤギや馬がいたり、ポニーライドがあったり、、ゲームもあるし、パンプキンアイスクリームなんかも楽しめます。とってもお薦め。

かぼちゃの値段はけして安くないのですがいろーんな種類のものが売られていて見ているだけでも楽しかったりします。

また、ここに行くまでのドライブがとっても素晴らしいのです。写真を撮れなかったのが残念ですが、、途中には大きなファームハウスなんかもたくさんあります。ファーム内がどうなっているのかぜひ一度お邪魔してみたい~。

投稿者 popo : 10:57 | コメント (2) | トラックバック

2005年10月14日

ワインティスティングイベントへ

友達が「セントラルマーケットでワインティスティングのイベントがあって子連れもOKだそうだよ!」と教えてくれました。

ワインティスティングなんてそういえば行ったことがないなぁ、、。ずーっと行って見たいとは思っていながら子連れでは無理だろうなんて思い込んでいた気がします。

10ドルで8種類のワインが飲めてアペタイザー(前菜)も振舞われるとか、、こんなチャンスはきっとなかなかないぞ!と家族そろって出かけてきました♪

これが予想していたよりもずっとよかった!お店で売られているワインを振舞ってくれるのかな、、とおもいきや、、ローカル(Hill Countryの)ワイナリーの人たちがそれぞれブースを開いていて、ゲストは好きなところに行き、ワインを選んで飲ませてもらう、というスタイルになっていました。オーナーたちがじきじきに色々な説明をしてくれるのです。中には「チケットはいらないよ!よかったら全部試していってください。」なんていうブースもあって、、どのブースの人たちもみーんな感じがよくて、なんだかほんとにうきうきした気分になれました。

試飲なんいていうとほんとはグラスにちょこっと、、という感じのはずですが、どのブースでもたっぷり(ワイングラスに半分くらい)注いでくれるので3~4杯でもう酔っ払い気分、、(笑)それ以上飲むことが出来ませんでした。

レストランのブースもいくつかあって、おいしいデザートや前菜、フルーツや野菜などが食べ放題。なんだかとっても得した気分になりました。あ~、幸せ♪

教えてくれた友達に感謝です。ありがとう♪

1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 02:03 | コメント (2) | トラックバック

2005年10月10日

Round Topのアンティークフェストへ

オースティンとヒューストンの間にあるRound Topという町で、4月と10月の二回アンティークフェストがあります。ずいぶん前に一度行ったきりでその後行く機会がなかったのですが、今回久々に行ってみました。

アンティークフェストと言ってもアンティークだけではなく、Arts and Crafts(ハンドメイドのものたち)もたくさん並んでいてとっても楽しいです。季節がらハロウィーン色が濃くて見ているだけでわくわく♪

クリスマス関係のものもたくさん並んでいました。

このRound Top という町はほんとう~に小さな町なのですが、このときだけは大賑わい。テキサスでは一番大きなアンティークのイベントのようですし、全国的にも結構有名なようです。値段も一般のお店で買うよりずっと安いしとっても魅力的です。

あちこちに食べ物のブースや仮設カフェ等があるのですがこれもお祭り気分を盛り上げてくれます。私たちが食べたファンネルケーキはふんわりしていて今まで食べた中で一番おいしかった!

残念ながら子供にはあまり興味がないイベントのようで(苦笑)長男は退屈したようでした。。それに子供二人連れではのんびり見ることが出来ません。今はアパート暮らしであまり物も買えないし。。

次回4月には平日に休みを取り、夫と二人で買出しに行きたいなぁ、なんて思っています。それまでには新しい家も建っているはずで、家具や家の飾り等が必要になっているだろうから。

他の州から来ている車もたくさんありました。とっても楽しくてお薦めのイベントです♪

1日1度クリックしていただけるととっ~ても励みになります♪

投稿者 popo : 17:17 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月27日

コーパスクリスティでの食事

今月はじめに遊びに行ったコーパスクリスティ旅行についてはまだ全然書いていませんでした。。今日はとりあえず食べたものについて。

私たちはダウンタウンエリアに泊まりました。ついた当日はホテルの裏にあった"Aka Sushi"というお寿司屋さんに行って見る事に。たまたまインターネットで見たレビューが結構よかったので、、

担当してくれたウエイターの人が(英語で)どこから来たのかと聞くので、「オースティンだけどもともとは私は日本です。」(これも英語で)と言うと、「え、日本人??日本語話せますか?」(今度は日本語で)というので「はい」と私。。

すると彼は興奮状態になり(笑)、「わー、日本人!うれしい!僕ここで働き始めて4ヶ月になるんだけど、日本人にあったのは初めてですっ!!」。

日本食屋さんなのに日本人はまったく来ないのか、、びっくりです。多分コーパスクリスティには日本人はとても少ないのでしょう。お寿司はかなりおいしかったし、値段も大都会に比べると手頃だったのでコーパスクリスティに行かれることがあればぜひ行ってあげて下さい。お店全体で「日本人だ、日本人だ!」と喜んでもらると思います。(笑)

ちなみに彼はアメリカ人の奥さんと結婚し、こちらに移って来たそう、、珍しいですよね。英語もとても上手だし日本ではきっと商社か何かに勤められていたのではないかなぁ、と思いました。(ビジネスマンだったと言っていたので、、)

二日目の夜はその隣にある"Water Street Seafood Restaurant"へ。ホテルの人がシーフードを食べるのならここが絶対におすすめと教えてくれたので。

まずはアペタイザーとしてoysters on the shells(生牡蠣ですね、、)をオーダー。私、日本では生牡蠣なんて絶対に食べられなかったのにアメリカに来てから好きになりました。アメリカの牡蠣のほうが塩臭くなくて食べやすい気がするのです。ついてくるカクテルソースも食べやすくしている理由かもしれません。

3人で1dozen〔12個)をシェアしたのですが値段の安さにびーっくり!これで確か8ドルくらいでした~。大粒だしほんとにフレッシュ。安すぎる~。お店だってとても感じのいい洒落たところなんですよ。

ちなみに旅行の後に行ったオースティンダウンタウンのあるレストランで食べた生牡蠣はほんとに小さなものがちょこんと4つのって12ドルくらいでした。。

最終日の朝に行ったコーヒーハウス(上記レストランのこれもすぐ隣。名前を忘れてしまいました。。)がとってもおすすめです。ブーゲンビリアが咲き乱れるとても雰囲気のよいコートヤードに面していて、子供を走らせておきながらゆっくりコーヒーが飲めるのです。また行きたいなぁ。

今回のハリケーンでの被害はどんなものだったのだろう、、とても気になります。どうか被害がなく、あの時のままの街でありますように。。


1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 00:45 | コメント (9)

2005年09月03日

テキサスの海へ+私たちが出来ること

月曜日はレイバーディでお休み!祝日の少ないアメリカでは貴重な3連休です。私たちは2泊3日でCorpus Chrisitiというテキサスの海辺の街へ行ってきます。

ハリケーンカトリーナの被害を受けた方たちのことを思うと旅行なんて、、とちょっと気が沈んだりしていました。ガスの値段も信じられないほど高くなっているし、本当はキャンセルしようか、、とかなり悩みました。でも今回は友達のナタリーたちも一緒に行く予定で、彼女たちがあまりにもこの旅行のことを楽しみにしていたのでどうしても旅行をやめようとは言い出せないまま、、、もうホテルをキャンセルすると全額負担という時期になってしまったのでした。。ここまで来たのだからもう思い切って楽しんでこようと思います。

私の勤めている会社が社員の寄付した分をマッチしてくれる、ということで私も赤十字に心ばかりの寄付をしました。Red Cross(赤十字)のサイトからはクレジットカードを使ってとても簡単に寄付することが出来ます。それから感動したのはAmazon.comではトップページの一番目立つところに寄付へのリンクがあり、なんとアマゾンのアカウントを使って簡単にワンクリックで寄付が出来るようになっていること。アメリカでは寄付はもちろん、「家を失った人に部屋を無料で使って欲しい」という申し出も相次いでいるそうです。こういう話を聞くたびにアメリカにはやさしい人がほんとにたくさんいるんだということを再認識します。反対に混乱の被災地で乱暴を働くような心無い人たちが多くいるのも事実でとても悲しいことですが、、

毎日何事もなくこうやって暮らしていられることはけして当たり前ではなく、本当に幸せなことなのだな、と実感します。今こうやって苦しんでいる人々のことを思えば私の日々の悩みなんてどうでもいいようなこと。

毎日を感謝して暮らしていこう。一日一日を大切にしよう。。。

それでは行ってきます。

投稿者 popo : 20:45 | コメント (6) | トラックバック

2005年08月31日

ジャマイカ・フロリダ旅行5

未だに書き終えていない旅行記。。(苦笑)早く書いてしまわないと記憶はどんどん遠ざかっていきます~。

さて、ジャマイカ滞在4日目。この日は午後から家族の一人が持つ海辺の別荘でパーティがありました。パーティに行く前にほんの少しの間だけFrenchman's Coveへ。二日目に夫とシンが行った場所なのですがこれがほんとに綺麗な場所で、、私も行くことができてよかったなぁ、と思います。まさにパラダイスという言葉がぴったりくるような、そんな場所。川と海がつながっている所で、水はびっくりするほど冷たいですがとても澄んでいます。ビーチの砂はさらさらで子供たちは砂遊びに夢中になっていました。30分くらいしかいられなかったのがとっても残念。出来たら半日はのんびりしたかったなぁ。いつかまた戻りたい場所です。

この後パーティ会場へ。この別荘はまさに海の上に建っていてほんとに素敵!ボートデッキで家族の集合写真を撮りました。


私もどこかにいますよ~。(笑)

海はとーっても綺麗!ここでみんなは泳いだり、カヌーやペダルボートに乗ったり、もぐって貝を採ったり。ナニーが次男を見てくれたのでほんの少しだけのんびりすることができ、私は夫や長男、姪とともにカヌーに乗ったりして楽しみました。カヌーって初めて乗ったのですが楽しかった~。場所が綺麗な海だったからなのでしょうが。きっと近所のにごった川で乗ってもこんなに楽しくはないですよねぇ。(苦笑)

この別荘ではランチを食べ、ディナーも引き続きここで、という予定でした。6時ごろにはディナー(ロブスターもあるらしい!)が出されるとのこと。みんな沢山遊んで夕方にはもうぐったり疲れていました(特に子供たち!当たり前ですよね)。兄夫婦や両親たちは一度自分たちの泊まっているコテージに戻りシャワーを浴びて出直すといいましたが、もうディナーの時間も近づいていたし、私たちはディナーが出たらさっと食べてすぐにコテージに戻りたいと思っていたのでそのまま残ることに。シンと仲良しのダニエルも私たちと一緒に残るというので引き受けました。

でも、、ディナーはいつまで待っても出てこない。。。ナニーは6時くらいにもう引き取ってもらったので疲れてぐずる次男をあやしながらいらいらしながらディナーを待つ私。。そしてシンはビーチチェアで眠ってしまいまったのでその横にはたいくつして(しかも疲れている)ぼーっとしているダニエル。そして、、とにかくあつい!あついのです!冷房がないし風もない。ほんとに蒸し暑くて耐え難い不快さ。いらいらしている時にこの暑さはそれをさらに膨張させます。もうディナーはあきらめて帰りたいところですがロブスターがどうしても気になる食いしん坊の私たち。(笑)

義理兄夫婦もなかなか帰ってこない。そして8時過ぎ、、よ~うやくディナーの準備が出来たらしい。。という時に急にあたりは真っ暗に!!なんと、、停電でした。(涙)唯一の救いだったシーリングファンまで止まってしまいさらに暑さのアタック。そしてママやパパがなかなか帰ってこなくて悲しくなってきていたダニエルは電気が切れたと共に自分の中の電気もプッツン切れてしまったようで号泣開始!もう勘弁してぇ~、という感じです。

そんな中でもなんとかディナーはテーブルに並び、私は夫が運んできてくれたものを食べ始めたのですが真っ暗な中で食べても味がしない!だって何を食べているかわからないんですよぉ~。ぐずる次男をあやしながら真っ暗な中で食べるディナー。。最悪でした。(笑)

そうこうしているうちにようやく義理兄夫婦や両親が戻ってきました。私たちはディナーもとりあえず食べたしもうすぐにでもコテージに戻りたい気持ち。でも、、、コテージのほうも停電中だからその場を動かないほうが無難だ、、と言われてしまい、そのまま待つしかありませんでした。。数日前にも停電があったそうなのですがその時には数時間電気は戻らなかったそう。もうこの状態でいったいどれくらい待たなくちゃいけないのぉ~と泣きそうになっていたのですが幸い30分ほどで電気は戻りました。助かった。。

ここからまたバスを待つこと数十分、その間に別荘内のどこかに脱いだはずの自分のビーチサンダルを探しましたが見つからず。夫も同じくサンダルを無くす。そして断念してバスに乗った私たちはようやくコテージに戻ることが出来たのでした。いやぁ、疲れた。こんなバケーションはもうごめんだ!という気分の私たちでした。。

振り返ってみて何がストレスだったかというと自分たちでコントロールできないことが多すぎたということです。自分たちの車がないのでバスが来るのを待たなくてはならない、食事が出てくるのが何時だかわからない、予定を変更できない(疲れたから早めに切り上げて帰ろう、ということが出来ない)、、小さい子供を連れての旅行は子供の様子にあわせてフレキシブルにしたいものですよね。。それが出来ないのがほんとに大変でした。子供もかわいそうだし。

振り返ってみると「ジャマイカはよいところだったなぁ~」と思いますが、堪能できなかったのがとても残念。次回はもうちょっと設備の整った(停電は絶対起こらないような)、そしてビーチにあるホテルにのーんびり滞在してみたいです。あとで確認してみるとダラスからリゾートエリアへの直行便なんかもあるそう。。それを使えばジャマイカはあっという間だったのですよねぇ。。ちなみに私たちのとった道のりは「オースティン→ダラス→マイアミ→キングストン→リゾートまでバスで3時間」でした。。なぜぇ~?!(苦笑)(でも義理両親が全部払ってくれた旅行だったので文句は言えないのです。。)

1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 02:05 | コメント (4) | トラックバック

2005年08月16日

シーワールドへ

日記の更新がぜーんぜん追いついていなくて
これはもう先週末の出来事になります。。。
先週の土曜日はシンの友達ヘイリーとヘイリーのママも一緒にシーワールドに出かけてきました。

シーワールドのショーは大人の私でも見ていてわくわくしてしまいます。前回(去年)行った時にはなかったシロイルカのショーがありました。


白イルカ、かわいい~。


こちらは普通のイルカ

前回は次男はまったく興味なし、、でしたが今年はじーっとショーに見入り、一生懸命パチパチと拍手をしていました。ショーの間はおとなしく見ていてくれるのでそれだけでも大助かり。去年はショーの間あやしたりなだめたり、、と大忙しだったので。。今回は私もゆっくりとショーを楽しむことが出来ました。

イルカのショーの他にシャチやオットセイのショーも見て、この後泳ごう、、と思ったのですがプールの入り口は長蛇の列!入るまでにかなり時間がかかりそうだったのであきらめました。これは予想外。。仕方がないのでウォータープレイスケープへ。ここにも列が出来ていて30分ほど待ってやっと入場。たったの7分で入れ替えなのでほんとにあっという間に終わってしまいましたが子供たちはとても楽しんだようでした。

はしゃいだ子供たちは帰りの車の中では全員熟睡、、静かな帰路となりました。

シーワールドまではうちから一時間ちょっと。これくらいのドライブならあっという間ですね。ジャマイカ旅行を経験してから、2,3時間のドライブならちょろい!と思えるようになりました。あの大変さに比べたら車での2、3時間は楽勝です。自由が利くし子供たちは眠くなったらカーシートで勝手に眠ってくれるし、、あれから子供たちを連れて旅行をする度胸がついた気がします~。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 01:27 | コメント (4) | トラックバック

2005年08月09日

ジャマイカ・フロリダ旅行4

ジャマイカでの3日目。シンは朝一番でパイナップルジュースとグアバジュースを飲んだ後、戻してしまいました。。その後彼は疲れたといってベッドへ。幸い隣の部屋にいた叔父とその息子のジョンは両方お医者さん。彼らに相談してみたところ、便に血が混じっていたり、熱が出たりしなければたいていは平気、ということでちょっと安心。様子を見るしかありません。

その隣の部屋の叔父が今日からマーのためにナニーを雇ってくれることになりました~。朝ごはん中は彼女にマーを見てもらうことができ、ゆっくり食事が出来て助かる~。感謝です。


ナニーとマー

午前中はマイアミに住む親戚の一人が買ったセカンドハウスへのツアーが予定されていました。でもシンの具合が悪いし、、ということで私一人で参加することに。海を遠くまで見張らせる、高台にあるとても素敵な家でした。庭はまるで公園のようです。普段は観光客に貸しているということでどこかの首相も泊まったことがあるとか。。


豪邸からの眺め

でもジャマイカの家はこんな豪邸でもキッチンはとてもお粗末なのです。ジャマイカのお金持ちは料理なんてしないからなのでしょうね。全部メイドがするだろうし、きっと家のオーナーはキッチンに入ることがほとんどないのでしょう。ジャマイカではバケーションホームに泊まったりする場合にもメイドを雇うのが当たり前のようなので、ここに滞在する人もきっとキッチンを自分たちで使うことはないのだと思います。

今日のファミリーイベント。本当は川くだり(?)が予定されていたそうですが前の週に来たハリケーンでコンディションがよくない、、ということでビーチでのパーティに変更されたようでした。
川下り、、楽しそうですがきっと小さい子供たちには無理だっただろうからビーチパーティでよかったなぁ、と思います。豪邸ツアーのあと私は直接ビーチへ。そこで夫たちとも合流しました。シンは午前中ずっと眠ったようですがその後はけろっとしていたということですっかり元気でした。

 
ビーチでのランチパーティ

この日のメニューはバーベキューチキン、(丸ごとの)魚のグリル、カリーゴート(ジャマイカではとてもポピュラーなヤギ肉のカレー)、プランテーン、そして子供たちにはお決まりのホットドッグなどなどでした。

子供たちは泳いだり、砂で遊んだり、それからヤドカリを捕まえたり、、ととても楽しい時を過ごしたようです。この日はそれほど遅くならずにリゾートに戻ることが出来たので比較的楽だったかな。。

投稿者 popo : 23:54 | トラックバック

2005年08月06日

ジャマイカ・フロリダ旅行3

ジャマイカに到着した次の日。親戚一同はFrenchman's Coveというところに泳ぎに行くということでした。 時間が遅めの午前中から午後にかけて、ということで次男のお昼寝時間と重なるため私は部屋に残り夫と長男だけが出かけていきました。私は疲れていてのんびりしたかったし、夜にはパーティも予定されていたので次男のお昼寝はどうしても確保したかったので。。

夫とシンは楽しんできたようです。ロブスターやジャークチキンのランチを食べたということで私にも少し持って帰ってきてくれました。ジャマイカのロブスターって一般に食べられているものとちょっと違う、、
尻尾のほうはしまっていますが、おなかの辺りはなんだかベトッとしているのです。アメリカで食べるメインのロブスターなんかのほうがずっとおいしいなぁ、と思いました。

 
夫がビーチでとったシンの写真

午後には義理の両親、そして2人の兄家族たちも到着。なんでも飛行機が飛ばなかったということで航空会社が一流ホテルをマイアミに用意してくれたのでそこにのんびり泊まったと言うことでした。

夕方はマリーナにあるレストランでのパーティでした。こうやって書くととても聞こえは良いけれど、、海辺に建つ小屋、という感じ。(笑)もちろん窓なんてない!なのであ~つ~い~っ。人はぞろぞろとどんどん集まってきます。ほんとはここで色々な人たちと交流して、、というところですが子供が二人いるとその世話で手一杯。そんな余裕もありません。そして待てど待てど食べ物は出て来ない。。結局出てきたのは8時を過ぎてから。ほんとはもう子供たちを寝かせ付けたい時間です。この間子供たちはおなかがすいてくるし(食事に行くということでスナックなんかも用意してこなかった!)、疲れて眠くなりぐずるしでもうたいへん。まったくいい加減にしろ~!という気持ちでした。こちらも疲れと暑さといらいらで爆発寸前です。

暑いのでビール(もちろんレッドストライプですね)を飲んでも飲んでもトイレにもいきたくならないししかも酔っ払わない、という感じ。食べ物が出てきた後はぐずる子供の面倒を交代で見ながら書き込むようにご飯を食べました。この間もいらいら~。そして食べ終わったらもうすぐにホテルに帰りたい!でも自分の車はないのでバスの手配が必要。なんとかバスの手配を終えて待つこと数十分、、ようやくバスに乗り込んで、、、ほんとに疲れたぁ~。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 00:33 | コメント (5) | トラックバック

2005年08月05日

ジャマイカ・フロリダ旅行2

ジャマイカでは自分たちの車はありませんでした。なのでなんでも団体行動。バスが来るのを待ち、目的地に着いたらまたバスが出るまで待たなくてはなりません。これは小さい子連れにはきつい!小さい子がいる場合には疲れたら寝かせ、起きたら遊ばせる、、というように融通を利かせたいものですがそれができないので、、なので今回のジャマイカ旅行は疲れた子供をなんとかあやしながらひたすら待ち続ける、、という場面の連続でした。しかも暑い、、湿気がすごい、、、私たちの住んでいるテキサスはもちろん暑いです。でも暑さになれているかといえばそんなことは全然ないのですよね。だって夏の間は外に出ない。いつもエアコンの効いた(効きすぎた)場所にいるのですから。

私たちが泊まったところはコテージタイプで部屋は2階建て。1階にはリビングルームとキッチン、それから2階にはベッドルームがふたつ。兄一家とシェアする形でした。寝室にはなんとかエアコンがあったので助かりましたが1階はなし~。。。暑い、暑すぎる!(苦笑)エアコンがないので窓は開けっ放し。だから虫が沢山入ってきます。もう私の足は虫刺されでほんとに醜いものになってしまいました~。

このコテージには各部屋に担当の女性が一人ついてきます。この女性は泊り客のためのベッドメーキングや掃除のみでなく、料理や買い物まで担当してくれるのです。

向かって右が私たちの部屋を担当してくれた女性。

コテージは人里はなれた場所にあり、しかもリゾート内にはお店もない状態。実は義母たちが前もってある程度の食材やジュースなどをオーダーして彼らの部屋に届けてもらっていたようなのですが、彼女たちは一日遅れてやってきたので、私たちがついた当日と次の日の午後までは私たちの部屋の冷蔵庫は空っぽ状態~。なんとか次男に必要なミルクだけはキッチンから借りることが出来ましたが。。結局朝は隣の部屋(親戚が泊まっていた)から食材を拝借し、なんとか朝食にありつくことが出来ました。ジャマイカのパパイヤは感激のおいしさ。マウイの義理祖父の家になっているパパイヤと同じ味。。私はこのあたりで買えるメキシコ製のパパイヤは食べませんが(きっと熟れる前に収穫買うされて運ばれるのでおいしくないのでしょう、、)、南国で食べるパパイヤ(ライムをぎゅっと搾っていただきます!)はほんとにおいしいですね。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 20:45 | トラックバック

2005年08月02日

ジャマイカ・フロリダ旅行1

今回の旅行、、始まりからホントにどたばたでした。
まずは旅行に出発する前日、、夜中の3時までお引越ししてました。(苦笑)
家が思ったより早く売れて、私たちの旅行中にクローズされることになったので片付けてから出発しなくてはいけなかったのだけど、これがなかなか終わらなくて、、
ホントにいったいどれだけの物が我が家にはあったのでしょう!
家にあった物の半分は捨てたり寄付したりしたと思う。それでもまだまだある~。これからは極力物を増やさないように生活したいものです、ホント、、

そして当日の朝、、、、、、寝過ごした!!
幸い道はすいていてすいすいと空港まで行けたのはいいのですがチェックインカウンターは長蛇の列。。
ようやく自分たちの番になった時にはフライト出発時刻30分前を切っていました。
そして、、「もう間に合いませんね。」と!が~ん!!

もう今日は無理だ~。ジャマイカに行くのは一日遅れの明日か、、とあきらめかけたのですがなんとかひとつ後のフライトに乗せてもらえることに。

今回の空路はオースティン→ダラス→マイアミ→キングストン(ジャマイカ)でした。
まず、マイアミまでは直行便だと信じていた私はダラス経由だと聞いてがーん!!またまたショック!(義母が全部手配してくれた旅なので私は全然把握していなかったのです)

さて、なんとかダラスに到着、そして次のマイアミまでの便に乗ることが出来ました。
マイアミでは夫の家族が全員集合の予定。キングストン行きのフライトまでにはそれほど時間の余裕がなかったのに搭乗ゲートが遠い~!しかもトラムもバスもない!なのでひたすら歩いて歩いてようやくゲートに到着。
きっと義母たちはやきもきしながら私たちのことを待っているのだろうなぁ、と思っていたのに彼らの姿が見えません。
おかしいなぁ、フライトが遅れたりでもしたのかしら、、なんて思ったのですがなんと彼らの乗る予定だった飛行機は問題があって飛ばなかったというメッセージが携帯の留守電に入っていたのでした。。またまたトラブルです。
今回の旅行は義母が取り仕切っているので、彼女がいないと私たちはどうしていいのかわからずほんとに困ってしまいました。キングストンからは家族でマイクロバスに乗ってリゾートまで行く予定なのですが
どういう手配がされているのかも知らなかったのですから。

とにかくキングストンになんとか到着し、イミグレーションのところに並んでいるとマイアミに住む他の親戚たちがぞろぞろと到着してきたのでここで少し一安心。
はぁ~、あとはリゾート到着までもう少し!と思ったのは甘かった。ここからゲートを抜け、バッグを受け取り、マイクロバスが到着するまでゆうに2,3時間はかかったと思う。みんないらいらしているのがわかります。
ようやくバスが到着。何気なく、「で、リゾートまではどれくらいかかるの?」と親戚の一人に聞くと、、、

「3時間よ。」

ええええええぇ~!!!さ、三時間?!

なんでも一週間前に来たハリケーンで通る予定だった橋が壊れてしまい、回り道をしなくてはならなくなったのだそうで。。1時間半程度だった道のり(それでも長いよ!)が3時間になったとのこと。

リゾートまでの道のりは曲がりくねったガタガタ道でした。スピードが出せないのでこれは時間がかかるわけだ。。しかももう真っ暗だったのでなおさら運転はゆっくりに。

朝6時に家を出たというのに、リゾートに着いたのは夜の10時でした。。
もしマイアミまで直行便で飛んで、リゾートもキングストン空港からそれほど時間がかからなければジャマイカまでの旅はそれほど大変ではないはず。でも今回の道のりはほんとに大変でした。

、、という旅行初日。きっと皆さん読んでいるだけで疲れたのでは?(苦笑)
旅行記はまだ続きます。。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 23:39 | コメント (3) | トラックバック

2005年08月01日

ジャマイカ・フロリダ旅行から戻ってきました~♪

土曜日に旅行から戻ってきました~。感想は一言。
「つ~か~れ~た~!!!」
小さい子供をつれての旅行はほんとに大変。4歳の長男はもう手がかからなくなりましたが1歳の次男が、、今回はファミリーリユニオンということでスケジュールが決められていて、自分たちのペースで動けなかったのがかなりきつかった!また詳しくは後ほど、、

ジャマイカに4日間滞在した後はマイアミへ。それから義理兄ファミリーと一緒にキーウエストへ一泊旅行、その後はまたマイアミに戻り二日連続でリユニオンのパーティ、、というスケジュールでした。

ジャマイカではこんなところに滞在しました。ジャマイカの海はとってもきれいでした~。

1日1度クリックしていただけるととっ~ても励みになります♪

投稿者 popo : 01:16 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月17日

家族へ公園へ-汽車にも乗ったよ

長男シンは月曜日から新しい学校に行き始めました。
(新しい学校での様子についてはまたのちほど。。)

新しい環境での一週間。やっぱり少しストレスがたまっているみたいだったし、
一週間がんばった息子に何かごほうびをあげたくて
「チューチュートレインに乗りに行こうか?!」と家族4人で朝から
Zilker Parkという公園に出かけました。

この公園には子供用の小さい汽車が走っているのですが、広い公園内を
30分もかけて走るなかなか乗り応えのあるものなのです。

ここには自然の泉で出来たとてもうきれいなプール(下の写真です)や、小さいですが環境を学ぶためのセンターなどもあります。

それから川がすぐそばに流れていて、その脇を歩ける長いトレイルがあり、みんな走ったり犬の散歩をしたり自転車に乗ったり、、とそれぞれ楽しんでいます。

ここには久しぶりに来ましたがあらためてほんとにきれいなところだなぁ、と感動。
美しい街に住むことが出来ている幸せをしみじみと感じたひと時でした。

汽車に乗っているとジョギングしている人、バイクに乗っている人、みんなニコニコしながら子供たちに手を振ったりしてくれます。
広い公園の敷地内にはあちらこちらにピクニックテーブルがありますが、そこでBBQや子供のパーティの準備をしている人がいたり。。
みんな楽しそうで見ているだとこちらも幸せな気分に。

汽車に乗り、環境センターを見学し、その後プレイグラウンド(下の写真)で遊び、、と楽しい数時間を過ごしました。こんな素敵な場所があるのだからもっと活用したいな。
友達家族を誘ってピクニック、、なんていうのもしてみたいものです。

1日1度クリックしていただけるととっ~ても励みになります♪

投稿者 popo : 20:45 | コメント (7) | トラックバック

2005年04月12日

ストロベリーフェスティバルへ

土曜日に義理両親も一緒にストロベリーフェスティバルに行ってきました。
ここから車で二時間ほどのPoteetという小さな町で毎年行われるものです。
3年前に一度行って、その後また行きたい、行きたいと思っていたのですが
なかなか実現せずに今になってしまった。。
去年はちょうど次男の出産予定びほぼ重なってしまいあきらめたし。
というわけで今年こそは絶対に絶対に行くぞ!と心に決めていたのでした。

このPoteetという町はかなりの田舎なのですがこのフェスティバルはなかなか盛大なのです。
お店もカーニバルのアトラクションも沢山!

今回ここで初めて"Gorditas"というものを食べました。
Gorditasとう名前を聞いたのも私は初めてでした。

味は、、タコスのサンドイッチバージョン!という感じ。
でもちょっと違うのは、、上はパリパリのまさにタコスの皮ですが下はちょっと厚めの皮なのです。
チキンかビーフを選ぶことが出来たのですが私はチキンを。
かなりピリ辛でとてもおいしかったです。

↑これがお店。一番長い列が出来ていてかなり待たされましたが
珍しいものにありつけて満足でした♪

それからお祭りにかかせないのがファンネルケーキ♪
いつも写真を撮ろうと思いながら忘れてしまっていましたが
今回ようやく撮りました。(笑)

このファンネルケーキが私は大好きなのですが
ここのものは今まで食べた中でも一番おいしくなかった。。(苦笑)
もっとふわふわしているはずなのになんだかゴムみたい!
残念。

しかしPoteetは暑かった!3年前に来たときにも4月のはじめだというのに気温はなんと
100度を超えていました。
オースティンはこの日涼しかったので「今日はよい気候だ~」と思っていたら。。
フェスティバルはやっぱり暑い!
どうやらこの町はオースティンよりずっと気温が高いようです。

最後に、、このお祭りに行きたかった大きな理由のひとつが
ここに出店されるオールドスタイルのフォトスタジオなんです。
カウボーイや保安官の衣装を着せてモノクロの古いイメージの写真を撮ってくれます。
3年間にシンの写真をここで撮ったのですがそれがかわいくてとてもよい記念になっているので
今回はぜひ兄弟一緒に写真を撮りたかったのでした。

次男はあまり機嫌がよくなくて泣き顔の写真に。(苦笑)
でもこれはこれできっとよい思い出になるでしょう。
見るたびに笑ってしまう写真になりました。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになります♪

投稿者 popo : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月03日

ストロベリーファームへ

今日はとてもよいお天気!
ここから車で一時間ほどのイチゴ畑のイチゴが今はたくさん実っている、、ということで
朝から行ってきました。

熟れたきれいで小粒のイチゴがたーっくさん取れて感動!
こんなにきれいなイチゴ、マーケットでは買えないです~。
しかもいつも見かける巨大イチゴではなくて小粒でかわいいのです。

こんな感じで専用のバスケットに好きなだけ摘んで、摘んだ分のお金を支払います♪
あまりたくさんとっても食べきれないのはわかっているので控えめに摘みました。

イチゴ摘みを楽しんだ後はファームにいる馬ややぎと遊んで、
イチゴアイスクリームを食べて。。
楽しかった~。

この後帰り道にあるすばらしい眺めのレストランでお昼ご飯を食べて帰ってきました。
眺めがいいとは聞いていましたが期待以上!
なんだか異国のリゾートに遊びに来た気分になりました。
あまり食べ物がおいしくなくても高くても、、価値があるなぁ、と思いました。(笑)
レストランのウェブサイトはここです。

うちに帰ってからは夫は庭仕事、私は月曜日の次男の誕生日を祝うためのケーキを焼きました。
次男はまだ少し卵にアレルギーがあるようなので卵なしのバナナケーキを。
誕生日パーティは次の週末に予定しているのですが、ほんとの誕生日の月曜日には
このケーキで家族だけでささやかなお祝いをする予定です。

投稿者 popo : 11:03 | コメント (8) | トラックバック

2005年03月27日

Good Friday!

今日はイースター前の金曜日、グッドフライデーと呼ばれる日です。
実は次男のデイケアまでもがお休みになる、、と知ったのは水曜日になってから!
何で会社はお休みじゃないのぉ~?けち~!!といいたくなります。(苦笑)
そこで急遽夫が休みを取ることに。

私も一緒に休みをとって家族で3連休にしたかったのだけれど、
そういう日は他にももちろん休んでいる人がたくさんいるし、私も急に、、というわけには
行かず午前中だけ出勤して仕事を片付けることに。
でも結局会社のほうからランチタイムにはもう帰っていいというお達しが。
バケーションの申請をしなくて済んでラッキーでした♪

今朝はみんながまだ寝ているうちに出勤したのですが
うちに帰ってみると夫が「今日仕事行くなんて知らなかった~」と。
ちゃんと言ったよ!!!まったく。。

さて、お昼頃家に帰り、あわてて用意をして家族で出発!
目的地はサンアントニオ動物園です。

おなかが減ったのでまずはベトナム料理をたらふく食べてから
目的地に向かってドライブ開始。
道が混んでいたのでちょっと時間がかかってしまいましたがなんとか到着して
動物園を楽しみました。

とてもいいお天気で汗ばむほど。動物園も大賑わいでした。

サンアントニオにヒスパニック系の人がおおく住んでいることはわかっていますが、、、
なんと動物園にきている人たちの9割はヒスパニック系でした。
英語よりもスペイン語のほうが多く聞こえてきたくらい。
車で一時間走っただけなのにほんとに違うものですね~。

1日1度クリックしていただけるととっ~ても励みになります♪


投稿者 popo : 23:52 | コメント (0) | トラックバック